2006年08月22日 08時00分 公開
特集/連載

究極の負荷テストに耐えた米電力会社のSOAシステムCase Study

電力会社のオースティンエナジーが顧客サービスシステムにSOAを実装した翌日、竜巻による大規模な電力網ダウンが発生した。図らずも実施されたこの「負荷テスト」は、SOA導入の成功を証明することになる。

[Rich Seeley,TechTarget]

 テキサス州オースティンに本社を置く地域電力会社、オースティンエナジーがSOA(サービス指向アーキテクチャ)を初めて実装したアプリケーションは、稼働開始から24時間も経たないうちに、実地の負荷テストにかけられることになった。自然災害のために同社の5万2000人の顧客が電力供給を一時的に受けられなくなってしまったからだ。

 何カ月にもわたる計画、設計、トレーニング、開発、通常のテストを経て、オースティンエナジーが初めてSOAを実装した顧客サービス用コンポジットアプリケーションは、今年5月3日に正式運用が開始されたと、同社CIOのアンドレス・カーバロ氏は語る。だが翌5月4日、激しい雷雨と風速約30m/秒の暴風で小さな竜巻が発生し、オースティンの木々を倒すとともに電力網をダウンさせた。

 「竜巻のせいで5万2000人の顧客が停電の被害にあった」と同氏は振り返る。

 新しいSOAベースの顧客サービスシステムは、顧客サービス担当者が顧客から寄せられる停電の連絡の電話に対応する時間の短縮に主眼を置いたものであり、またとないタイミングで運用が開始されたことになる。

 「旧システムは、1日に4000件の作業オーダーしか処理できないという制限があった」とカーバロ氏。「新システムは、1日当たり最大5万件の作業オーダーに対応できることが検証されている」

 新しいSOAベースの顧客サービスアプリケーションは、大自然の負荷テストを見事に乗り切っただけでなく、その過程で、従来のColdFusionベースのアプリケーションよりもはるかに高いパフォーマンスを発揮した。

関連ホワイトペーパー

SOA | Java | 運用管理


ITmedia マーケティング新着記事

news055.jpg

外出自粛による「孤立感」は案外低く「所有意向」は上昇 新型コロナによる意識変化――日本テラデータ調査
新型コロナウイルスと関連した消費者の不安、不自由、孤立、情報について日本の消費者を...

news059.jpg

三井住友海上が代理店サポートにAI活用 B2B2Cモデルで顧客体験価値向上のためにできること
三井住友海上がAIとデータアナリティクスで実現した代理店サポートのためのシステムを構...

news019.jpg

スマートスピーカーが生み出す新たな顧客体験
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...