2006年08月22日 08時00分 UPDATE
特集/連載

Case Study究極の負荷テストに耐えた米電力会社のSOAシステム

電力会社のオースティンエナジーが顧客サービスシステムにSOAを実装した翌日、竜巻による大規模な電力網ダウンが発生した。図らずも実施されたこの「負荷テスト」は、SOA導入の成功を証明することになる。

[Rich Seeley,TechTarget]

 テキサス州オースティンに本社を置く地域電力会社、オースティンエナジーがSOA(サービス指向アーキテクチャ)を初めて実装したアプリケーションは、稼働開始から24時間も経たないうちに、実地の負荷テストにかけられることになった。自然災害のために同社の5万2000人の顧客が電力供給を一時的に受けられなくなってしまったからだ。

 何カ月にもわたる計画、設計、トレーニング、開発、通常のテストを経て、オースティンエナジーが初めてSOAを実装した顧客サービス用コンポジットアプリケーションは、今年5月3日に正式運用が開始されたと、同社CIOのアンドレス・カーバロ氏は語る。だが翌5月4日、激しい雷雨と風速約30m/秒の暴風で小さな竜巻が発生し、オースティンの木々を倒すとともに電力網をダウンさせた。

 「竜巻のせいで5万2000人の顧客が停電の被害にあった」と同氏は振り返る。

 新しいSOAベースの顧客サービスシステムは、顧客サービス担当者が顧客から寄せられる停電の連絡の電話に対応する時間の短縮に主眼を置いたものであり、またとないタイミングで運用が開始されたことになる。

 「旧システムは、1日に4000件の作業オーダーしか処理できないという制限があった」とカーバロ氏。「新システムは、1日当たり最大5万件の作業オーダーに対応できることが検証されている」

 新しいSOAベースの顧客サービスアプリケーションは、大自然の負荷テストを見事に乗り切っただけでなく、その過程で、従来のColdFusionベースのアプリケーションよりもはるかに高いパフォーマンスを発揮した。

関連ホワイトペーパー

SOA | Java | 運用管理


ITmedia マーケティング新着記事

news023.jpg

Cookieによる効果測定に不足を感じる広告宣伝担当者が増加――サイカ調査
広告配信などにおけるCookie利用の制限が検討されています。一方で、企業の広告宣伝担当...

news018.jpg

「TikTok Ads」2019年の振り返りと2020年の展望
もう「踊ってみた」動画だけではない。急成長する広告配信プラットフォーム「TikTok Ads...

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...