2008年02月21日 18時42分 UPDATE
ニュース

NEWS住商情報システム、Web勤怠管理システム「SHARE/OTM」をバージョンアップ

ASP対応型のWeb勤怠管理システム「SHARE/OTM」に「プロジェクト工数管理」「シフト勤務予実管理」「休暇欠勤申請」などの機能を強化した新バージョンを発売する。

[TechTarget]

 住商情報システムは2月21日、ASP対応型Web勤怠管理システム「SHARE/OTM」の新版「SHARE/OTM Ver.3.5」の販売を開始した。

 新版では、多様な勤務体系に対応し勤務の予実管理を行う「シフト勤務」機能、各勤務者が休暇・欠勤・時間外などの申請を行い、上長が確認/認証する「休暇・欠勤・事前勤務(時間外等)申請」機能、各プロジェクトの実績(工数)を分析する「プロジェクト工数管理」機能を搭載するなど、管理機能を拡充した。

 また、システムセットアップ機能と管理者機能が改良され、短期間でのシステム導入が可能となっている。

 価格は「SHARE/OTM」Web勤怠管理パッケージ(サーバライセンス一式)が240万円、「SHARE/ OTM」プロジェクト管理オプションは60万円。

関連ホワイトペーパー

ASP | 業務プロセス | 基幹システム | 経営


ITmedia マーケティング新着記事

news071.jpg

Instagram活用の現在、失敗から学ぶB2Bマーケティング他、11月に最も読まれた記事は?
ITmediaマーケティングに掲載された1カ月の記事をランキング中心に振り返ります。

news149.jpg

スマートスピーカーのスキル開発、今すぐ取り組むために押さえておくべきこと
スマートスピーカーで何ができるのか。これからのマーケターが押さえておくべきポイント...

news028.jpg

日本の広告主は変われたか? アドベリフィケーションに関する意識調査2018――Momentum
Momentumは「アドベリフィケーションに関する意識調査2018」の結果を公表しました。