2008年02月29日 04時33分 UPDATE
特集/連載

トラフィックはかえって増える?仮想化の次なる課題はネットワーキングか

仮想化に伴うネットワーキングの問題として、NICの大量利用、ネットワークトラフィックの増大、物理スイッチと仮想スイッチ間の通信の問題などを解説する。

[Scott Lowe,TechTarget]

 サーバ仮想化は、データセンターのサーバチームとネットワーキングチームの役割を変えつつあり、両者の役割は区別しにくくなっている。サーバハードウェアの仮想化製品が、サーバ内にネットワークを作成するからだ。このデータセンター設計は決して扱いやすいものではなく、ITスタッフの役割の移行も簡単ではない。

 本稿では、サーバハードウェア仮想化がデータセンターのネットワーキングに与えるインパクトについて詳しく見ていきたい。

 VMwareの「VMware Infrastructure 3(VI3)」、Citrixの「XenServer」、Microsoftの「Microsoft Virtual Server」(と、近いうちに正式版が登場する「Hyper-V」)などで実現されるサーバハードウェア仮想化は、データセンター設計に大きな影響を与える。

 ネットワーキングは間違いなく、そうした仮想化の影響を受ける分野の1つだ。

NICの大量利用

 第一に、本格的な仮想化環境では各物理サーバが使用するNIC(Network Interface Card)が格段に多くなる。仮想化ホストが8枚や10枚、あるいは12枚のNICを使うことも珍しくない。これに対し、仮想化されていないサーバが使うNICは、2枚かせいぜい3枚だ。これは、エッジ/分散型スイッチがラックに設置され(一般に、ネットワーク配線の簡素化が目的)、それらがネットワークコアにアップリンクされるデータセンターで問題になる。こうした状況では、一般的な48ポートスイッチはそれぞれ10枚のNICを使う4台の仮想化ホストしか接続できない。ラック内のすべてのホストを接続するには、エッジ/分散型スイッチを増やさなければならない。

 大抵の場合、ラック内に用意したエッジ/分散型スイッチが余る心配はない。ネットワーク接続を十分に利用しないサーバはほとんどないからだ。もともと、ネットワーキングリソースやそのほかのリソースの使用率が低いことが、企業が仮想化を導入し、ワークロードの統合や、消費電力、ラックスペース、冷却、物理サーバの削減を進める理由となっている。しかし、仮想化環境では、複数のワークロードが仮想化ホストに統合されていれば、ネットワークトラフィックはそのホスト上で実行されるワークロードの数に応じて増加する。このため、各物理サーバのネットワーク使用率が、仮想化前のように低くなることはない。

関連ホワイトペーパー

仮想化 | サーバ | データセンター | ストレージ


ITmedia マーケティング新着記事

news135.jpg

オープンソースCMS「Drupal」商用版提供のAcquiaが日本市場に本格参入
Acquiaは、日本支社としてアクイアジャパンを設立したと発表した。

news115.png

Macbee Planetの成果報酬型広告運用支援ツール「Robee」、DACのDMP「AudienceOne」とデータ連携
Macbee Planetは、同社が提供する成果報酬型広告運用支援ツール「Robee」を、デジタル・...

news018.jpg

ミレニアル世代の85%が動画視聴後に購入の意思決定――Brightcove調査
動画コンテンツは購入の意思決定にどう影響しているのでしょうか。