2007年08月13日 05時00分 公開
特集/連載

仮想ネットワークを拡張するVRF技術VLAN同士のリンクにも使える

VRF(仮想ルーティング/転送)技術を利用すれば、複数の拠点に分散したコンポーネントで構成される単一の仮想システムを構築できる。

[David Jacobs,TechTarget]

 仮想システムを構成するサーバとストレージを結び付ける仮想ネットワークは、仮想システムのバックボーンであると言える。しかし仮想ネットワークは1カ所の施設内に限定されるケースが多い。VRF(仮想ルーティング/転送)技術を利用すれば、複数の拠点に分散したコンポーネントで構成される単一の仮想システムを構築できる。

 仮想システムの人気が高まっているのは、以下に示すように、それによって柔軟性とコスト削減がもたらされるからだ。

  • 仮想ネットワークでは、物理的なリンクを複数の仮想リンクに分割できる。それぞれの仮想リンクは、ほかのリンクから完全に切り離されている。一般的には、1つの仮想ネットワークは、特定のアプリケーションからのトラフィックあるいは特定のユーザーグループからのトラフィック専用とされる
  • 1日の間でも、使用するアプリケーションが変わったり、処理負荷が変動したりするのに伴い、ネットワークのトラフィックパターンが変化する。仮想ネットワークの管理者は、リンク上で各アプリケーションに割り当てられた帯域幅部分を変更できる。また、複数の物理リンクを結合することにより、1つの物理リンクでは対応することができない大きな帯域幅を提供することも可能である

 LANを複数の仮想ネットワークに分割する手法は、1990年代にIEEEによって開発・標準化された。これらの手法は広く普及している。

 IEEE標準802.1qは、1つのLANを複数の仮想LAN(VLAN)に分割する方法を定義している。802.1qと組み合わせて用いられるIEEE 802.1pは、トラフィックに対して8つの優先レベルを規定している。管理者はトラフィックに適切な優先レベルを設定することにより、各アプリケーションに十分な帯域幅を提供できる。

ITmedia マーケティング新着記事

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...