2008年05月23日 18時42分 UPDATE
ニュース

NEWSラリタン、8カ所の温湿度計測が可能なインテリジェントPDUの新ファームウェアをリリース

「Dominion PX」のファームウェアバージョン1.1をリリース。オプションのセンサーを取り付けることでDominion PX周囲の温度/湿度計測が可能になった。

[TechTargetジャパン]

 日本ラリタン・コンピュータは5月23日、PDU(Power Distribution Unit:ラック用電源タップ)「Dominion PX」のファームウェアバージョン1.1をリリースした。Dominion PXは、サーバやネットワーク機器が接続されたコンセント電源のON/OFFや、消費電力情報のモニタリングをネットワーク経由でリアルタイムに実行できる、電気用品安全法(PSE法)に適合した次世代インテリジェントPDU。ラックまたはコンセントごとの消費電力状況を詳細に把握できるため、電力のキャパシティープランニングを効率的に行うことができる。

画像 Dominion PX

 今回リリースしたファームウェアのバージョン1.1では、オプションの温度/湿度センサーを取り付けることでDominion PXの周囲の温度と湿度を計測できる(1台のDominion PXにつき、最大8カ所の温度と湿度を計測可能)ほか、Webブラウザベースの管理画面でコンセントレベルの詳細な計測値の確認や、すべてのコンセントの電源ON/OFFをリモートから実行できるなど、機能強化を行っている。

 価格はオープンだが、同社は市場想定価格を12万6000円からとしている。

画像 WebブラウザからDominion PXを管理できる《クリックで拡大》
画像 コンセントレベルの計測値を表示できる

関連ホワイトペーパー

運用管理 | サーバ | データセンター


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news062.jpg

ランドスケイプの企業データベース「LBC」がマーべリックのDMP搭載型DSP「Sphere」と連携
ランドスケイプは、同社の企業データベース「LBC」がマーベリックのDMP搭載型DSP「Sphere...

news068.jpg

ジーニー、CRM/SFAシステム「ちきゅう」を会社分割契約により事業承継
ジーニーは、ちきゅうが提供する中小企業向けCRM/SFAシステム「ちきゅう」の開発・販売...

news066.jpg

電通、広告統合プランニング・効果検証ツール「STADIA OOHプラス」(β版)を開発
電通は、テレビ広告とインターネット広告の統合プランニングを実現する「STADIA」の機能...