2008年05月29日 17時15分 UPDATE
ニュース

NEWSスマートフォンでも利用可能なサイボウズ/Outlook同期ソフトが発売

サイボウズとアイビィ・コミュニケーションズが業務提携。「サイボウズ Office 7」と「Microsoft Outlook」とのデータ同期が可能な「AIVY Sync for サイボウズ Office 7」を発売した。Windows Mobile端末とのデータ同期も可能だ。

[TechTargetジャパン]

 サイボウズとアイビィ・コミュニケーションズは5月29日、グループウェア「サイボウズ Office 7」と「Microsoft Outlook」のデータ同期を可能にするソフトウェア「AIVY Sync for サイボウズ Office 7」の販売を開始した。

 同期できるデータは「スケジュール」「アドレス帳」「ToDoリスト」の3つ。双方向の同期のほかに、サイボウズ Office 7のデータのみをOutlookに読み込んだり、その逆だけといった使い方も可能。また、双方のスケジュールデータのみ、といった項目ごとの同期設定もできる。さらに、Windows Mobileを搭載した各種スマートフォンともデータを同期でき、一度Outlookにサイボウズ Office 7のデータを読み込んでしまえばMicrosoft ActiveSyncやiTunesを利用してWindows Mobile端末やiPodにサイボウズ Office 7のデータを取り込むことができる。

 サイボウズではかつて「サイボウズ Office」シリーズのオプションとしてデータ同期ソフトを自社開発していたが、サイボウズ Office 7では開発リソースをサーバソフトへ注力し、データ同期ソフトの開発は手掛けていなかった。しかし、データ同期ソフトへのユーザーニーズの高まりから自社開発以外での提供を検討し、アイビィ・コミュニケーションズと業務提携、今回の製品の開発・発売に至った。AIVY Sync for サイボウズ Office 7は発売に先立ち、2008年4月16日にβ版を公開。5月19日までに767本がダウンロードされている。

関連ホワイトペーパー

サイボウズ | Windows Mobile | Outlook | グループウェア


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news118.jpg

AdRollが日本でも「ネイティブ広告」の販売を開始
AdRollは、米国にて提供中の「ネイティブ広告」のサービス提供を日本でも開始した。

news050.jpg

Twitter上でユーザーとのコミュニケーションを自動化、サイバーエージェントがサービス提供
サイバーエージェントは、Twitter上での企業とユーザーのコミュニケーションを自動化する...

news122.jpg

人工知能「Adobe Sensei」はCMSをどう変えるのか?
アドビ システムズが2018年4月に提供開始する「Adobe Experience Manager」最新版の特徴...