2008年06月18日 19時57分 UPDATE
ニュース

NEWSセールスフォース、Salesforceの最新版「Summer '08」を提供開始

26回目のバージョンアップとなる「Summer '08」の提供を開始。「Salesforce Content」の日本語対応に加え「Salesforce Ideas」を大幅に機能拡張した。

[TechTargetジャパン]

 セールスフォース・ドットコムは6月18日、SaaS(Software as a Service)型CRM「Salesforce」の最新バージョン「Salesforce Summer '08」(以下、Summer '08)の提供を開始した。26回目となる今回のバージョンアップでは、「Salesforce Content」の日本語対応に加え「Salesforce Ideas」を大幅に機能拡張している。

 Salesforce Contentは、タギング機能やサブスクリプション機能、提案機能などを活用することで、企業が保有する非構造化データの管理をSaaS型で実現したもの。ユーザーは構造化されていないデータや各種文書をSalesforceで直接管理できる。「Salesforce Partner Portal」と「Salesforce Customer Portal」でもSalesforce Contentを利用できるため、ユーザーはポータルからオフィス文書や非構造化データに即時にアクセスできる。これにより、パートナー/顧客双方からの情報共有を実現できるとしている。また、コンテンツ利用状況を分析する機能「Content Analytics」により、営業担当者やマーケティング担当者などさまざまなタイプのユーザーの利用頻度が高いコンテンツが分かる。Salesforce Contentは2007年11月、「Winter '08」で英語版がリリースされたが、Summer '08ではSalesforceがサポートしている日本語を含む15言語すべてをサポートした。

 Salesforce Ideasは、顧客、パートナー、従業員のコミュニティーがそれぞれのアイデアを公開し、議論・投票できる場である。Summer '08では複数コミュニティーの作成が可能になるとともに、コミュニティーの動向をモニタリングできる「Customizable Ideas」や、Salesforce IdeasをSalesforce Partner Portalと統合することでさまざまな切り口からのアイデアを取り込める「Ideas for Partner」を新たに提供した。

 Salesforceの1ユーザー当たりの価格は、すべてのアプリケーションを利用できる「Unlimited Edition」が月額3万1500円、手軽な価格で高度な機能を利用したい企業向けの「Enterprise Edition」が月額1万5750円、Enterprise Editionより利用できるアプリケーションが少ない「Professional Edition」が月額7875円、5ユーザー以下の小規模グループやSOHO向け「Group Edition」が年額15万1200円。Salesforce Contentの価格は1ユーザー当たり月額4410円追加費用が必要。Salesforce Ideasは追加費用なしで利用可能だ。なお、Salesforce Content、Salesforce IdeasいずれもGroup Editionでは利用できない。Salesforce Ideasのみのユーザーを追加する場合は、1ユーザーにつき月額630円で、Salesforce Customer PortalおよびSalesforce Partner Portalで利用する場合はそれぞれの利用価格が必要(価格はすべて税込み)。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news008.jpg

佐藤尚之氏が語る、新規獲得が難しい時代だからこそ「ファン」を大切にすべき理由
これからのマーケティングが「ファンベース」であるべき理由とは何か。コミュニケーショ...

news134.jpg

Oracle、IBM、Adobeが語るデジタルマーケティングの新潮流
主要マーケティングツールベンダーは現在のマーケティングトレンドをどう見ているのか。...

news112.jpg

KDDI、ショッピングモール「Wowma!」出店店舗の中国向け越境EC参入をサポート
KDDIは、越境ECプラットフォーム「豌豆 (ワンドウ) プラットフォーム」を運営するInagora...