2009年01月29日 09時00分 UPDATE
ニュース

NEWSソニックウォール、PCの検疫機能をサポートする大規模向けSSL VPN装置

買収したAventail製品を基にしたSSL VPNアプライアンスを国内でリリース。端末のセキュリティレベルがポリシーに違反する場合、接続を遮断するといったNAC機能を備える。

[TechTargetジャパン]

 ソニックウォールは1月28日、大規模向けSSL VPNアプライアンス「SonicWALL Aventail E-Class Secure Remote Access」シリーズ(以下、SonicWALL SRA)の国内出荷を開始した。接続するPCのセキュリティ状態をチェックする検疫機能をサポートするのが特徴。

画像 SonicWALL SRA EX-6000/7000

 SonicWALL SRAは、同社が2007年に買収したSSL VPN製品ベンダー米Aventailの技術をベースに開発されている。接続端末のポリシー管理機能が従来製品より強化されており、VPN接続するPCのウイルス対策ソフトのウイルス定義などが古い場合、修正を促す画面を表示してセッションを遮断するといった検疫(NAC)機能を備える。端末に要求するセキュリティレベルやアクセス権などのポリシー設定は管理コンソールから容易に行え、複数のSRA間で設定情報を複製することもできる。

 ユーザー認証にはVASCO、RSA、Active DirectoryLDAP、RADIUSが利用できるほか、ワンタイムパスワードによる二要素認証も可能。ユーザーはカスタマイズ可能なポータル画面「WorkPlace」を通じて各社内コンテンツの閲覧やファイルのダウンロードを実行するようになっている。

 SonicWALL SRAは、それぞれ最大50、250、2000ユーザーの同時接続をサポートする「EX-750」「同6000」「同7000」の3モデルが用意される。販売は丸紅情報システムズが行う。価格は未定。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news016.jpg

Appleは今でもイケてるブランドか? 調査とデータで考察する
ビジネスパーソンの人的ネットワークから日本人の国語に関する意識変化、ウェアラブル端...

news101.jpg

セールスフォース・ドットコム、SalesforceにAI機能を組み込む「Salesforce Einstein」を発表
セールスフォース・ドットコムは、Salesforceのクラウドサービスに人工知能(AI)を組み...

news077.jpg

日本の複数デバイス利用ユーザーの半数は4台以上持ち──クロスデバイス利用動向調査
Appierは、アジア太平洋地域におけるクロスデバイス利用動向調査の日本版の調査結果を発...