2009年01月30日 12時13分 UPDATE
ニュース

NEWS 目指したのは「使いやすいERP」──新Dynamics AXはOfficeライクなリボンを採用

マイクロソフトがERP製品「Microsoft Dynamics AX 2009 日本語版」を発表。Office製品同様の操作感、Office製品との連携強化により「使いやすいERP」を目指した。

[納富友三,TechTargetジャパン]

 マイクロソフトは1月29日、ERP製品の新バージョン「Microsoft Dynamics AX 2009 日本語版」(以下、Dynamics AX 2009)を発表した。パートナー企業を通じて2月2日から提供を開始する。

 Dynamics AX 2009は、2007年6月に提供開始したバージョン4.0に続き、日本では2世代目の製品となる。ユーザーインタフェースの刷新による画面開発工数の削減をはじめ、新機能を数多く搭載し、「総開発のうちの平均30%が追加開発といわれるERP構築の現状打開を目指す」(同社 Dynamics事業統括本部 ソリューション推進部 シニアアカウントエグゼクティブ 鹿山剛彦氏)。

画像 Dynamics AX 2009の主な機能。ユーザーは必要な機能を選択して運用できる。なお、CRM製品「Microsoft Dynamics CRM」が主にSFA機能を充実させているのに対し、Dynamics AX 2009のCRM機能は主に見積もり管理に特化している《クリックで拡大》

 Dynamics AX 2009は、リボンユーザーインタフェースをアプリケーション全体に採用。クリック操作で作業を完了できる直感性を重視するとともに、Dynamics AX 2009のデータをExcelにインポートして作業できるなどMicrosoft Office製品とのシームレスな連携も実現している。

画像 ユーザーインタフェースに2007 Microsoft Office systemでおなじみのリボンを採用《クリックで拡大》

 また、ユーザーの役割に応じて必要な情報が集約されたポータル画面「ロールセンター」では、ユーザー自身によるKPI(23種類)追加や標準Webリポート(155種類)を提供。帳票開発や画面開発など、今まで追加開発が必要だった機能を標準で提供するとともに、Dynamics AX 2009のデータを活用するBIとして利用できる。

 ライセンス形態は、会計を中心とした機能に限定された「ビジネスエッセンシャルズ エディション(Business Essentials Edition)」と、フル機能ライセンス「アドバンストマネージメントエディション(Advanced Management Edition)」の2種類を用意。

 ビジネスエッセンシャルズエディションの価格は、ファウンデーションパック(サーバ)が27万10円から、同時使用ユーザーライセンスが1ユーザー当たり12万1450円から。アドバンストマネージメントエディションの価格は、ファウンデーションパックが47万7545円から、同時使用ユーザーライセンスが1ユーザー当たり21万5025円から(価格はすべて税込み)。なお、両エディションのユーザーライセンスは、ユーザー数によりボリュームディスカウントが適用される。

画像 「顧客のニーズに応えるためには日本の商習慣を熟知しているパートナー企業との協業が大変重要」と語る窪田氏

 日本では33社のパートナー各社がDynamics AX 2009に対応したアプリケーションや、業界・業種に特化したソリューション、サービスを提供する。マイクロソフトの執行役 専務 ゼネラルビジネス担当の窪田大介氏は、「Dynamicsは自分の統括する製品で最も成長しており、この不況下におけるマイクロソフトの数少ない“絶好調製品”。米企業の経営者が人員を削減してもIT投資は増やして他社との差別化を図っているように、日本の経営者に同じように意識を向けてもらうという意味で、ビジネスチャンスだと考えている」と語った。同社によるとDynamics AXは英語版を含めると国内で現状約70〜80社が導入済み。今後は年間100社導入を目標に、中堅ERP市場で5%のシェア獲得を目指すとしている。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

news040.jpg

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...

news103.png

オムニバス、「セゾンDMP」を活用したターゲティング広告を提供
クレディセゾンの100%子会社オムニバスは、クレディセゾンが保有するクレジットカードの...