MSと日本ユニシス、Dynamics CRMを基盤としたSaaS型SFAソリューションを提供NEWS

Dynamics CRMのマルチテナントを利用したSaaS型SFAソリューションを提供。製造業向け業務テンプレートを皮切りに、順次各種業種向けテンプレートを開発・提供するとともに、Dynamics CRMとOfficeとの連携を強化する。

2008年12月16日 09時00分 公開
[TechTargetジャパン]

 日本ユニシスとマイクロソフトは12月15日、SaaS(Software as a Service)SFA(営業支援)ソリューション分野での協業を発表した。第1弾として、マイクロソフトのCRM「Microsoft Dynamics CRM 4.0」(以下 Dynamics CRM)をベースに、SaaS型SFAソリューションを共同で開発し、日本ユニシスが2009年1月から販売を開始する。サービス提供は同3月から開始されるが、Dynamics CRMのマルチテナント方式を利用したSaaS型サービスの提供は日本初となる。

 日本ユニシスではSFAの業務テンプレートを開発しているパートナーと協業して、製造業向け基本テンプレートから開発・提供を開始し、順次、他業種向けテンプレートを提供予定。さまざまな企業の営業スタイルに合致させるべく、コンサルティングサービスも併せて提供する。

 また、利便性向上のためにDynamics CRMとMicrosoft Office製品との連携機能を強化。Microsoft Office Outlookとの情報共有、Microsoft Office Excelとのリアルタイム連携などにより、既存のビジネスプロセスに違和感なくSFAを取り込むことが可能だという。この結果、ユーザー企業は二重入力作業から開放され、詳細な営業活動履歴の蓄積が可能になるといったメリットを享受できる。属人化したさまざまな情報を共有することで、ベストプラクティスや売上機会を可視化でき、組織としての営業力向上を実現できるとしている。

 マイクロソフトは当該ソリューションの開発・拡張に当たり、Dynamics CRMおよび連携する各種サーバ製品を含めた技術支援を行うとともに、イベントやセミナーなどを通じてCRMの導入促進、定着化を支援するとしている。

関連ホワイトペーパー

CRM | Microsoft(マイクロソフト) | SaaS | SFA | 製造業 | Office


ITmedia マーケティング新着記事

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...

news135.png

インターネットの利用環境、女性の66%は「スマホのみ」――LINEヤフー調査
LINEヤフーが実施した2023年下期のインターネット利用環境に関する調査結果です。

news108.png

LINEで求職者に合った採用情報を配信 No Companyが「チャットボット for 採用マーケティング」を提供開始
就活生が身近に利用しているLINEを通して手軽に自社の採用情報を受け取れる環境を作れる。