2009年03月12日 09時00分 UPDATE
ニュース

NEWS富士通、REACH規制に対応した製品含有化学物質管理システムを販売開始

富士通が、REACH規制やJAMPの情報伝達シートに対応した製品含有化学物質管理システム「PLEMIA/ECODUCE Materials Edition」の販売を開始。環境配慮型設計やグリーン調達のニーズに対応するという。

[TechTargetジャパン]

 富士通は3月11日、富士通長野システムエンジニアリングが開発した材料メーカー向け製品含有化学物質管理システム「PLEMIA/ECODUCE Materials Edition」(プレミア/エコデュース マテリアルズ エディション)の販売を開始すると発表した。

 PLEMIA/ECODUCE Materials Editionは、同社が2008年9月にリリースした組み立てメーカー向けの製品含有化学物質管理システム「PLEMIA/ECODUCE」(プレミア/エコデュース)に続き、ゴムや樹脂などを生産する材料メーカー向けに欧州REACH規則に対応した製品含有化学物質管理機能を提供するソフトウェア製品。製品に複数材料を混入させる場合の配合率や製造工程における材料の揮発率まで、詳細にわたる管理を行うことができる。

 JAMP(Joint Article Management Promotion-consortium:アーティクルマネジメント推進協議会)が策定した、サプライチェーンにおける製品含有化学物質の情報伝達シートのフォーマットに対応しているため、材料供給先の組み立てメーカーに対する含有化学物質情報の迅速かつ効率的な伝達を可能にするという。また、環境配慮型設計やグリーン調達に必要な、含有化学物質の調査・集計・回答業務の進ちょくを一元管理する機能も備える。

 さらに、調剤の材料を部品表として一元管理しているため、規制対象の物質・材料を使用している部品や製品を容易に検索することができ、問題発生時や規制変更時における迅速な対応を可能にするという。

画像 PLEMIA/ECODUCE Materials Editionにおける部品表の画面イメージ《クリックで拡大》

 PLEMIA/ECODUCE Materials Editionは富士通が販売し、4月1日より提供開始する。販売価格は400万円(税別)からとなる。富士通と富士通長野システムエンジニアリングでは、今後3年間で同製品を150社に販売することを目指すとしている。

関連ホワイトペーパー

富士通 | 環境保護 | 製造業 | 生産管理


この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news083.jpg

「アドエビス」が「モニプラ」と連携、ユーザー行動×定性データの施策評価が可能に
ロックオンは、「アドエビス」において、「モニプラ」と連携すると発表した。

news057.jpg

6秒動画に特化した動画広告配信サービス「BumVi」、ジーニーとトレンダーズが提供
ジーニーはトレンダーズと共同で、6秒動画に特化した新しい動画広告配信サービス「BumVi...

news055.jpg

トランスコスモス、Salesforceと連携したレコメンドダイレクトメール「レコレタ」を提供
トランスコスモスは、Salesforceと連携し、顧客セグメントに応じて紙のダイレクトメール...