2009年03月31日 07時30分 UPDATE
特集/連載

必要ない機密情報は保有しないコンプライアンスのためのデータベース暗号化――事前の注意点は?

セキュリティ侵害の通知に関する州法を施行している州に住む顧客の個人情報を保有している会社は、コンプライアンス対策を強化しておく必要がある。

[Kevin Beaver,TechTarget]

 コンプライアンス時代が本格的に到来している中、われわれが対応しなければならない法規制や業界基準は、HIPAA(医療保険の相互運用性と説明責任に関する法律)やPCI DSSといったものだけではないことを認識するのは重要だ。企業規模にかかわらず、企業の多くは現在、セキュリティ侵害の通知に関する州法の適用も受けることになる。現時点で米国45州がこうした法律を施行しており、連邦法の制定を目指す取り組みも行われている。つまり、この45州のいずれかに住んでいる人の個人情報をMicrosoft SQL Serverシステムに保存する場合、あなたの会社はコンプライアンス対策を強化しておかなければならないかもしれない。

 不思議なことに、わたしの見たところでは、この州法を知らない人が多い。金融や医療などの業種向けの連邦プライバシー法や連邦情報セキュリティ法とは異なり、州の侵害通知法は、暗号化されていない個人情報に焦点を当てている。この侵害通知法では、セキュリティ侵害の発生が確認された場合や疑われる場合、個人情報が暗号化されていないと、被害に遭った可能性があると見なされる。

 この場合、これらの法律では通常、企業は侵害の被害を受けた、あるいは受けた可能性がある人全員に通知を行うことを義務付けられている。通知状を大量に郵送するコストを考慮することで、初めて大ごとと思えるかもしれない。実際、管理コストを計算に入れないとしても、現在の郵便料金では、比較的少数の人に郵送するだけでも数千ドル掛かる。これではほぼ間違いなく、あらかじめ機密情報を暗号化した場合に掛かる費用より高くついてしまう。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

news040.jpg

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...

news103.png

オムニバス、「セゾンDMP」を活用したターゲティング広告を提供
クレディセゾンの100%子会社オムニバスは、クレディセゾンが保有するクレジットカードの...