2009年12月21日 08時00分 UPDATE
特集/連載

CRMでできることERP CRM早分かりガイド

ERP CRMソフトウェアは、顧客のトランザクションを把握できるだけでなく、顧客データ統合も可能だ。

[Catherine LaCroix,TechTarget]

 ERP CRMソフトウェアとは、簡単に言えばアクセスしやすい1つの場所で、個々の顧客の各トランザクションの詳細を明確に把握できるようにするものだ。

 しかし、ERP CRMシステムでできることは決してそれだけではない。ERP CRMシステムは、顧客データ統合、つまりマスターデータ管理(MDM)も可能にする。MDMは、営業チャンネル全体──人(外勤営業担当者)から電話(テレマーケティングなど)、オンライン(テレサービスやサポート)まで――にわたって顧客を継続的に追跡し、その記録を一元的に蓄積、管理することを指す。

 「このシステムでは、顧客にかかわるすべての担当者が、取引過程で顧客との間で起こったことをすべて詳しく追跡した記録にアクセスできる」と、米Forrester Researchのアナリスト、ホルガー・キスカー氏は語った。この記録には、最新の商品購入状況や契約状況に関するデータも含まれる。そうした情報は最終的に販売拡大に役立てることが可能だ。

 また、ERP CRMソフトウェアで生成されるデータは、リード(見込み客)を追跡し、そのうち何人と取引が成約したかを調べるためにそのまま利用できる。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news083.jpg

「アドエビス」が「モニプラ」と連携、ユーザー行動×定性データの施策評価が可能に
ロックオンは、「アドエビス」において、「モニプラ」と連携すると発表した。

news057.jpg

6秒動画に特化した動画広告配信サービス「BumVi」、ジーニーとトレンダーズが提供
ジーニーはトレンダーズと共同で、6秒動画に特化した新しい動画広告配信サービス「BumVi...

news055.jpg

トランスコスモス、Salesforceと連携したレコメンドダイレクトメール「レコレタ」を提供
トランスコスモスは、Salesforceと連携し、顧客セグメントに応じて紙のダイレクトメール...