2010年02月12日 08時00分 UPDATE
特集/連載

UMLモデリングツール紹介:AmaterasUML編必要最低限の機能を提供するシンプルなUMLプラグイン「AmaterasUML」

開発環境に追加機能を提供するプラグイン。豊富な機能を提供するが故に動作が重くなる場合もある。今回は、EclipseのUMLモデリングプラグインの1つである「AmaterasUML」を紹介する。

[Ajay Mishra,豆蔵]

Eclipseプラグイン「AmaterasUML」

 2010年1月現在、統合開発環境「Eclipse」でUML図を作成するためのプラグインは無償、有償のソフトウェアを合わせて19種類存在する(※)。今回はその中から、Java言語を用いたモデル駆動型開発で使用されるツール「AmaterasUML」(以下、AU)を紹介する。

※:Eclipse日本語版Wiki「エクリプス」より。

 Amaterasは、UMLモデリング以外にもWebアプリケーションやデータベースモデリングに関するEclipseプラグインの開発を行っているオープンソースコミュニティーだ。AUは2005年12月に最初のバージョン(Version 1.0.0)がリリースされ、原稿執筆時点の最新バージョンはVersion 1.3.2だ。

photo AmaterasUML画面《クリックで拡大》

 AUは、基本的には「AmaterasIDE Installer」を利用してインストールするが、Eclipseの最新版「Galileo」ではjarファイルを直接プラグインディレクトリにコピーする必要がある。また、AUを動作させるには「GEF(Graphical Editing Framework)」、XMI機能を利用するには「EMF(Eclipse Modeling Framework)」と「UML2(OMG meta model for Eclipse platform)」などがインストールされていることが前提条件になる。

必要最低限のUMLモデリング機能を持つ

 AUが対応するUML2.0のダイヤグラムは、以下の通りだ。

■作成できるダイヤグラム(図表)の種類

ダイヤグラム名 対応状況                備   考
クラス図     ○         関連端名、誘導可能性を表せない
オブジェクト図     ×                     ―
パッケージ図     ×                     ― 
コンポーネント図     ×                     ―
コンポジット構造図     ×                     ―
配置図     ×                     ―
ステートマシン図     ×                     ―
アクティビティ図     ○         アクティビティのネストを表せない
シーケンス図     ○         非同期メッセージを表せない
コミュニケーション図     ×                     ―
タイミング図     ×                     ―
相互作用概要図     ×                     ―
ユースケース図     ○         ユースケースにファイルを添付できるのが特徴

 AUの対応ダイヤグラムは4種類と少ないが、エンタープライズ系のシステム開発で利用頻度が高い図に対応しているので「UMLツールの必要最低限のラインは満たしている」といえる。また、AUは無償で提供されるため、「UMLを試しに使ってみたい」という組織や学生にとっては有力な選択肢の1つとなるだろう。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news044.jpg

トランスコスモス、VRコンテンツのプロモーション活用を促進するパッケージを提供開始
トランスコスモスは、360度パノラマ映像によるVR体験ができる「360度・VRコンテンツスタ...

news100.jpg

電通、サイト解析ツールに調査モニターの属性データをリアルタイム連係する新サービスを提供
電通は、電通マクロミルインサイトと共同で新サービス「Agile Audience Analytics」の提...

news042.jpg

ユナイテッド、DSP「Bypass」にアプリ向け「リテンション広告」機能を提供
ユナイテッドは2016年6月27日、自社が提供するDSP「Bypass」に「リテンション広告」機能...