モデル駆動型開発に役立つツール「IBM Rational Rhapsody」UMLモデリングツール紹介:IBM Rational Rhapsody編

組み込みシステムの設計などでも利用されている「IBM Rational Rhapsody」。今回は、UMLからのコード自動生成機能を備え、モデル駆動型開発を支援する同ツールの利点と課題を考察する。

2009年11月20日 08時00分 公開

 今回は「IBM Rational Rhapsody」を紹介する。IBM Rational Rhapsodyは開発元のI-Logixが2006年にTelelogicに買収され、さらに2008年にTelelogicをIBMが買収したことにより、現在はIBMの開発製品群の1つとして販売されている。また、日本国内では伊藤忠テクノソリューションズでも販売・サポートを行っている。IBM Rational Rhapsodyは、組み込みシステムをメインターゲットとしており、航空宇宙、自動車やOA機器などの業界における製品開発で利用されている。

photo IBM Rational Rhapsody Developerの画面《クリックで拡大》
IBM Rhapsodyシリーズ製品一覧
製品名 概要
IBM Rational Rhapsody Architect for Software モデル駆動型開発による、組み込みシステムとリアルタイムソフトウェアの開発・設計
IBM Rational Rhapsody Architect for Systems Engineers UML、SysML、UPDMを使用するモデル駆動型開発による、システムエンジニアリング要求の分析
IBM Rational Rhapsody Designer for System Engineers UML、SysML、UPDMを使用するモデル駆動型開発による、システムの分析、開発、およびシミュレーションを行う
IBM Rational Rhapsody Developer 制御系/リアルタイム、または組み込みシステムのためのモデル駆動型開発環境

 今回の記事ではIBM Rational Rhapsody Developer(以下、Rhapsody)を取り上げる。

関連ホワイトペーパー

IBM(アイ・ビー・エム) | UML | 組み込み | 環境保護


ITmedia マーケティング新着記事

news028.jpg

これからのマーケティングに関する8つの予言(無料eBook)
激動するトレンドを正しく理解することはマーケティングで成功するための第一歩。今回の...

news109.jpg

フォーム作成管理システム「ヘルプドッグ フォーム」のEFO(エントリーフォーム最適化)機能が正式版に
nocoはフォーム作成管理システム「ヘルプドッグ フォーム」において、β版として提供して...

news068.png

広報活動がうまくいっている企業はどのくらいある?――オズマピーアール調査
国内企業の広報担当者200人を対象に、企業広報活動の実態を調査しました。