2010年09月24日 08時00分 UPDATE
特集/連載

IFRS時代、ERP選択の新ルール【第2回】IFRSに向けたERPパッケージの選定、その基本とは

IFRSに対応したERPパッケージの選定では、従来の選定項目のほかに、IFRS対応で特に求められるグローバル対応や標準化などを意識する必要がある。IFRS時代のERP選定についての詳細を説明する。

[高田直澄,電通国際情報サービス]

1.IFRS時代のERP選定で考えること

 第1回ではIFRS時代に対応するためのERPパッケージの基本要件について説明したが、今後は国内だけではなく、海外子会社も含めたグローバル展開に対応できるERPを選定することが必要になってくる。適切なERPパッケージを選定するためには、従来通りに機能、コスト、導入実績などを比較するための前提条件を明確にすることが重要だ。第1回に続き、第2回ではIRFS対応を含めグローバル展開に向けたERP選定の考え方について解説する。

 従来、ERPを選定する場合には、以下のような項目が優先順位付けをされて評価されてきた。

  • 製品コンセプト、アーキテクチャ、機能、拡張性、製品ロードマップ、アップグレード対応
  • コスト(ライセンス、導入、保守)、導入手法、導入体制、コンサルタントスキル
  • ベンダーの体力、製品サポート、将来性、継続性

 ERPを選定する場合、これらの評価項目が変わることはないが、IFRS時代、グローバル展開を視野に入れるとこれらの項目の優先順位、重み付けが変わってくる。

関連ホワイトペーパー

ERP | 運用管理 | 業務プロセス | 経営 | 在庫管理


ITmedia マーケティング新着記事

news055.jpg

日本人がまだよく知らないYextと「DKM」のこと
2018年10月に米国ニューヨークで開催された「ONWARD18」の概要を紹介する。

news006.jpg

「100年後も生き残ると思う日本企業」調査、トヨタとホンダが不動の1、2位――リスクモンスター調べ
リスクモンスターは「100年後も生き残ると思う日本企業」調査を実施しました。

news019.jpg

KDDIまとめてオフィスが3000万円のムダ打ちから学んだB2Bマーケティングの正攻法
全国の中小企業向け支援サービスを展開するKDDIまとめてオフィスは、過去のマーケティン...