2010年10月21日 08時00分 UPDATE
特集/連載

ITとコンプライアンスは単独で機能しないサーバ仮想化にもコンプライアンス管理の視点を忘れずに

IT部門はサーバ仮想化を同部門内の問題として扱い、コンプライアンス管理に対する考慮を怠りがちだ。

[Kevin Beaver,TechTarget]

 企業にとって、IT部門内部および他部門とのコミュニケーションの欠如ほどトラブルに直結しやすいものはない。IT部門においてこうしたコミュニケーションの欠如が頻繁化しているように思える分野の1つがサーバ仮想化だ。IT管理の簡素化、コストの削減、セキュリティとコンプライアンス管理の改善を目的とした最新の技術がIT部門だけの問題として扱われ、コンプライアンス管理に対する考慮が抜け落ちてしまうことがよくある。これはITだけの問題ではないのだ。

 コンプライアンス管理という枠組みから、仮想化されたサーバとワークステーションを欠落させる結果につながるIT部門にありがちな誤解と現実を以下にリストアップした。

関連ホワイトペーパー

仮想化 | コンプライアンス | 運用管理


この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news125.jpg

「Ameba」がMomentumのアドベリフィケーションツールと連携
サイバーエージェントは、Momentumが提供するアドベリフィケーションツール「BlackSwan」...

無料DMP「Juicer」がインティメート・マージャーと広告配信で連携
PLAN-Bは、同社が無料で提供するユーザー分析DMP「Juicer」において、インティメート・マ...

news109.jpg

特定の業種に向けて広告を配信、Geolocation Technologyが「業種バナージャック」を提供
Geolocation Technologyは、IPアドレスを解析しユーザー属性を特定することで指定した業...