2010年12月13日 08時00分 UPDATE
特集/連載

ERP成功のヒント【第3回】丸投げに陥らないERP導入ベンダー選定、そのポイントは?

ERP導入ベンダーは企業のIT部門にとって二人三脚で導入プロジェクトを推進していく同志であり、ERP導入の成否に大きく影響を与える。選定のためのポイントをお伝えする。

[五島伸二,アドバ・コンサルティング]

 第1回「ERP選定でIT部門がリーダーシップを発揮するには」、第2回「経営者が納得するERP選定案の作り方」では、ERP製品の選定でIT部門が果たすべき役割を説明した。プロジェクトを成功させるためにERP製品の選定が重要な要素であることは当然だが、優れたERP製品を選定できたからといって成功が約束されるわけではない。ERP成功のためには、加えて優れた導入ベンダーの支援が必要である。今回は、そのERP導入ベンダーの選定についてIT部門の視点から説明する。

ERP選定と同じぐらい重要な導入ベンダー選定

 ERPの導入支援は、製品ベンダー自身が行うこともあるが、別のコンサルティング会社やシステムインテグレーターが行うことの方が多い。従ってERP製品の選定と導入ベンダーの選定は別々に行われ、それぞれの選定は同時平行で実施されるケースが一般的だ。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

現代人の30のメディアライフスタイルとは?――電通調査
電通はビデオリサーチと共同で、生活者のメディア視・聴・読習慣を可視化し、30のメディ...

news061.jpg

「Adobe Audience Manager Audience Marketplace」が国内で利用可能に
Adobe Systemsは、同社の顧客とデータプロバイダー間のデータ取引を行う機能「Adobe Audi...

news045.jpg

売れるネット広告社、「確認画面後でアップセル」で特許権を取得
売れるネット広告社は、「確認画面後でアップセル」についての特許権を取得したと発表した。