2011年01月11日 07時30分 UPDATE
特集/連載

Apple・Unisysのパートナー契約に見る「企業市場本格参入」の可能性Xserve終了後のAppleのエンタープライズ戦略とは

Appleはこれまでも企業市場に取り組んでこなかったわけではない。教育市場に強みを持つ同社がこれから企業顧客にどうアプローチするのか、その思惑は最近のSI契約の活発化に見え隠れする。

[John Moore,TechTarget]

 米Appleは、チャンネルの多くを排除した何年も後に、システムインテグレーターとの関係を強化している。明らかに、企業や政府機関向け市場でのシェア拡大が目的だ。

 2010年10月、Appleが米Unisysと結んだSIパートナー契約が注目を集めた。この契約は、企業顧客を狙った幾つかのSI契約の1つだ。Appleは「Apple Authorized Systems Integrator(AASI)」というカテゴリも設け、ITサービス企業の米Milestone Technologiesと、公共機関を対象とするソリューションプロバイダーの米Agilex TechnologiesをAASIに認定した(Appleがいつこのプログラムを立ち上げたのかははっきりしない。プレス向けの発表文はなく、この件に関する電話での問い合わせにも返事がない。ともあれ、上記の2社はインテグレーターとして2010年上半期にAppleと契約している)。

 Appleのインテグレーターは、携帯端末管理から電子情報の科学捜査まで、幅広い領域を対象とする。また、顧客の既存のITインフラ(ほとんどは非Apple製だ)にApple製品を統合するサポートも行う。製品導入支援は、Appleのチャンネルのさらなる活性化を示す。かつてAppleは教育関連など特定の市場に向けた強力なチャンネルを築いていた。だが近年は、同社は小売店とオンライン販売に注力し、代理店は二の次になっていた。

 インテグレーターらによると、Appleは現在、チャンネルの構築に大きな関心を示しているという。

 Agilexで民生部門社長を務めるイラ・エンティス氏は「Appleは連邦政府関連事業への参入およびインテグレーターコミュニティーとの協業体制の形成に、以前より前向きになっている」と語った。

 Appleとのパートナー関係を管理しているエンティス氏は、Agilexが政府機関向けとしては初めてのApple公認インテグレーターだと語った。同氏は数年の間、非公式にではあるがAppleと仕事をしたことがあり、2010年第2四半期(4〜6月期)にAASIプログラムの存在に気付いて申請したという。

 Milestoneの技術担当社長を務めるジェイ・ユー氏は、Appleとの話し合いはおよそ18カ月前に始まったと語った。MilestoneがMacユーザーを多数抱える顧客に対して提供した運用管理サービスがきっかけだったという。同社は2010年春に公式インテグレーターになったと付け加えた。

 こうした動きについて、Appleは問い合わせに応じなかった。同社が10月に発表した年次報告書によると、Appleは主要な市場のほとんどで、小売店とオンラインストアを通じてコンシューマーと企業に直接製品を販売している。だが、この報告書には「Appleは再販業者による販売を拡大するプログラムに投資している」とも書かれている。

関連ホワイトペーパー

Apple | iPhone | Active Directory | Windows | 認証


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

news040.jpg

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...

news103.png

オムニバス、「セゾンDMP」を活用したターゲティング広告を提供
クレディセゾンの100%子会社オムニバスは、クレディセゾンが保有するクレジットカードの...