2011年03月03日 09時00分 UPDATE
特集/連載

ホワイトペーパーレビューBI(ビジネスインテリジェンス)の基礎が分かる3つのホワイトペーパー

TechTargetジャパンのホワイトペーパーダウンロードセンターに登録されているホワイトペーパーの中から、BIの基礎を解説したものをピックアップして紹介する。

[納富友三,TechTargetジャパン]

 TechTargetジャパンの専門メディア「情報系アプリケーション」では、ビジネスインテリジェンス(BI)データウェアハウス(DWH)などの、分析環境構築に関するホワイトペーパーのダウンロード数が増えている。2011年1月1日〜2月28日の情報系アプリケーション分野に限ったホワイトペーパーダウンロードランキングを見ると、上位10コンテンツ中6コンテンツが分析環境構築に関連するコンテンツだ。

2011年1月1日〜2月28日のホワイトペーパーダウンロードランキング(情報系アプリケーション)
順位 ホワイトペーパータイトル 提供ベンダー
1位 優良企業が行っている人材戦略“3つの習慣” SAPジャパン
2位 無理してiPhoneアプリを作る必要はない グレープシティ
3位 人事の悩みを解決! 次世代リーダー選抜、育成の勘所 SAPジャパン
4位 ROIで実証された、予測分析アプローチによる意思決定 日本アイ・ビー・エム
5位 ハイテク企業30社調査で判明! サプライチェーン成功への道筋 SAPジャパン
6位 情報系システムにRDBMSが不適切なわけ SAS Institute Japan
7位 流通・通販事業成長のヒント。適切な効果測定と予算計画立案の実現のための知見と基盤 日本アイ・ビー・エム
8位 ネット上の「顧客の声」を最大限に生かす〜ソーシャルメディア分析の先進活用事例 SAS Institute Japan
9位 DWHアプライアンスの真実 Oracle ExadataとNetezza TwinFinの比較 日本ネティーザ
10位 成功事例に見る“スマートなコラボレーション”による経営革新 日本アイ・ビー・エム
太字がBIやDWHなどの分析環境構築に関連するホワイトペーパー。

 また、調査会社アイ・ティ・アールが毎年実施している「IT投資動向調査」を見ても、データ分析は重要投資分野の第3位となっている(関連記事:「BI普及のポイントは『使い勝手』、現場に根付くツール選びを」)。そこで本稿では、これからBIをはじめとするデータ分析環境の導入を考える最初の一歩として、BIの基礎を勉強できるホワイトペーパーをピックアップして紹介したい。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news108.jpg

「LINE LIVE」にインストリーム広告、配信者に収益を還元
LINEは「LINE LIVE」上の運用型広告「LIVE Video Ads」の提供を開始した。

news098.jpg

「Best Global Brands 2017」が発表、NetflixとSalesforce.comが初のランクイン
インターブランドジャパンは世界のブランド価値評価ランキング「Best Global Brands 2016...

news078.jpg

オールアバウト、ネイティブアドネットワーク「All Aboutプライムアド」を開始
オールアバウトは、総合情報サイト「All About」において、独自の基準で選定したライフス...