2011年04月05日 09時00分 UPDATE
特集/連載

PACS(医用画像システム)市場調査リポートPACS市場は2011年の522億円がピーク、以降はリプレース需要へ

CRやCT、MRIなどの画像撮影装置の画像データを管理するPACS(医用画像管理システム)。シード・プランニングの市場調査を基に現状と今後の動向を予測する。

[林 和夫,シード・プランニング]

 シード・プランニングは2010年10月、市場調査リポート「2010年版 電子カルテの市場動向調査」を刊行した。このリポートは、電子カルテ(病院向け・診療所向け・歯科向け)とPACS(医用画像システム)の市場を調査し、2014年までの市場規模を予測したものである。本稿では、病院・診療所向けPACS市場の調査結果を基に、その市場規模や導入状況を紹介し、今後の市場動向を考察する。

2011年が新規案件のピークで522億円規模、以降はリプレース需要が高まる

 2008年の診療報酬改定で「フィルムレス加算」制度が設けられたことで、PACSシステム市場は拡大し、2009年の市場規模は485億円、納入数は1350件になった。PACSシステムの導入状況は600床以上の大病院で95%前後、200床以上399床以下の中小病院で60〜65%となっている。2010年の診療報酬改定でもフィルムレス加算は継続され、市場は堅調に推移している。今後、2011〜2012年が新規案件のピークと見られ、2012年以降はリプレース需要が中心となり市場はマイナス成長。2014年には500億円前後の市場規模になると予想される。

photo PACS市場規模・今後の予測

参入ベンダーの状況

進むベンダーのすみ分け

 PACS市場の立ち上がり時には、モダリティやフィルムCRなどのメーカー、システムベンダー、SIerなど多数の企業が参入していたが、徐々に淘汰されてきた。現在PACSシステム市場には25社前後が参入しており、大病院をターゲットにするベンダー、診療所および中規模病院向けを主なターゲットにするベンダー、大病院・中小病院・診療所の全てをカバーするベンダーなどで、そのすみ分けがなされてきている。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news014.jpg

2016年夏のテレビ的「話題」と「問題」
リオ五輪で注目を集めた日本人選手、パラリンピック選手の競技環境、テレビが健康に及ぼ...

news083.jpg

マーケティングオートメーション「B→Dash」が「Sansan」「kintone」と連係開始
フロムスクラッチが開発・提供するマーケティングオートメーションプラットフォーム「B→...

news028.jpg

Act-on Softwareのマーケティングオートメーションを月額9万円で提供
MKTインターナショナルは、Act-on Softwareと販売パートナー契約を締結し、同社が提供す...