2011年05月16日 12時18分 UPDATE
ニュース

NEWSセンドメール、送信ドメイン認証への対応を確認できるツールを無料公開

送信ドメイン認証への対応が正しく行われているかをチェックできる「SPFレコードチェックツール」を無償公開した。

[TechTargetジャパン]

 センドメールは、迷惑メール対策に有効とされる送信ドメイン認証への対応が正しく行われているかをチェックできる無償ツールを開発し、同社のWebサイト上で公開した。

 今回公開したのは、送信ドメイン認証技術の方式として広く普及している「SPF(Sender Policy Frameworks)」の設定を確認できる「SPFレコードチェックツール」。同ツールを使用することでメールサーバの管理者は、ホスト情報とメールヘッダ情報を入力するだけで、正しく動作しているかを確認できるという。

 具体的には、チェックしたいメール送信元のIPアドレスとメールヘッダを入力すると、以下のいずれかのチェック結果が得られる。メールサーバの設定変更などにより、認証できなくなることがあるため、センドメールでは、定期的にチェックすることを推奨している。

  • pass:認証に成功した
  • permerror:送信元のSPFレコードの文法的な誤りなど永続的なエラーのため認証処理を実行できなかった
  • temperror:一時的な障害などにより、認証処理が失敗した
  • neutral:送信元が認証の成功・失敗について明確にしていない
  • softfail:認証に失敗したが、送信元は失敗と扱うべきではないとしている
  • hardfail:認証に失敗した
  • none:送信元においてSPFレコードが宣言されていない

 同ツールのiPhone用アプリ「Sendmail IP info.」は、5月1日にiTunes App Storeにて無料提供済み。同社では今後、SPFと共に普及している送信ドメイン技術「DKIM(DomainKeys ldentified Mail)」用ツールも公開する予定だ。Android端末など他にスマートフォン用アプリも提供予定としている。

関連ホワイトペーパー

認証 | ドメイン | サーバ | iPhone | スマートフォン


この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news016.jpg

Appleは今でもイケてるブランドか? 調査とデータで考察する
ビジネスパーソンの人的ネットワークから日本人の国語に関する意識変化、ウェアラブル端...

news101.jpg

セールスフォース・ドットコム、SalesforceにAI機能を組み込む「Salesforce Einstein」を発表
セールスフォース・ドットコムは、Salesforceのクラウドサービスに人工知能(AI)を組み...

news077.jpg

日本の複数デバイス利用ユーザーの半数は4台以上持ち──クロスデバイス利用動向調査
Appierは、アジア太平洋地域におけるクロスデバイス利用動向調査の日本版の調査結果を発...