2011年08月05日 09時00分 UPDATE
特集/連載

10ドルのUSBメモリでパフォーマンスアップWindows 7の「ReadyBoost」機能の正しい使い方

Windows Vista/7のReadyBoostは、低スペックのPCを低コストで高速化する機能だ。しかし、速度向上を実現するには正しい理解と正しい使い方が必要だ。

[Serdar Yegulalp,TechTarget]

 Windows Vistaの発表時に正しく理解されなかった新機能の1つに、ReadyBoostがある。これは、特定のディスク操作の結果をフラッシュメモリにキャッシュすることでパフォーマンスを向上させる機能だ。しかし、フラッシュメモリをRAM代わりに使用するための機能だと誤解され、Windows 7で大幅に機能強化された今日でもこの誤解は解けないままだ。企業での利用を考えた場合、実際のところReadyBoostとは何か、また、どのような機能があるのかをきっちりと押さえておくべきだろう。

ReadyBoostとは何か

 Windows VistaとWindows 7ではSuperFetchというキャッシュ技術を使用して、アクセス頻度の高いディスク上のファイルの読み込みをスピードアップする。SuperFetchキャッシュは、時間の経過とともにデータが増えていく。プログラムの実行や特定のファイルへのアクセスが繰り返されるに従い、データがSuperFetchキャッシュに追加されて、ファイルの読み込みやプログラムの起動にかかる時間が短縮される。

 ReadyBoostはこのキャッシュを利用して、HDD上の一続きのデータをフラッシュドライブにコピーする。ReadyBoostによって最適化されるのはランダムリードだ。ランダムリードは、HDDのアクセス速度に最も影響し、ローカルメモリなど、HDDよりも高速な媒体から読み出すことで最もパフォーマンスを改善できる。ReadyBoost機能はRAMの代わりにはならず、ディスクのスワップファイルに相当する。RAMをシステムに追加した場合に得られるパフォーマンス向上は見込めない。

 では、企業でReadyBoostを使用することに少しでもメリットはあるだろうか。端的な答えは「イエス」だが、これはかなり条件付きのイエスだ。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news091.jpg

DHC、中国向けに初の越境ECをスタート
中国向け越境ECプラットフォーム「Wonderfull Platform」を運営するインアゴーラは、ディ...

news070.jpg

SSP「fluct」、動画広告DSP「ONE by AOL: Video」と連係開始
AOLプラットフォームズ・ジャパンは動画広告DSP「ONE by AOL: Video」とfluctのSSP「fluc...

news004.jpg

「無意識のウソ」を排除せよ――ユーザーの本音を引き出す定性調査の勘所
アンケートに代表される定量調査が「仮説証明型」であるのに対して、「仮説発見型」の方...