2011年12月09日 09時00分 UPDATE
特集/連載

予算の70%は保守・運用調査リポート:景気低迷時でもIT予算の使い道は変化せず

欧州債務危機で第二の景気後退に襲われた2011年。Forrester Researchが発表したリポートによると、企業のIT予算の使い道は相変わらず。ITを戦略化するために企業がなすべきことは?

[Linda Tucci,TechTarget]

 2010年に世界同時不況が終息し、2011年はIT投資が回復するはずだった。長らく見送られてきた機器の更新が再び検討され、CIOはビジネスの拡大に向けて準備をするように言われていた。人材確保が難しくなるような話も聞こえていた。

 しかし、それは全て、欧州債務危機が発生して第二の景気後退の脅威が市場を襲う前のことだ。米調査会社Forrester Researchが発表したIT予算に関するベンチマークリポートは、予想された成長が実現しなかったことを示している。このリポートの主執筆者であるForrester Researchのアナリスト、クレイグ・シモンズ氏は「年頭にIT予算を編成する時点では、ほぼ世界的に景気の底は脱したという楽観的な見方が主流だった。しかし、その楽観的展望は、夢物語にすぎなかった」と話す。

 このリポートは、世界各地の大規模・中堅・小規模企業のIT役員およびテクノロジーに関する意思決定者2741人を対象に、2011年3月から5月にかけて同社が実施したアンケートに基づいている。これに続く追跡調査の結果は同年12月に発表される予定だ。

 「このところ企業は、経済とビジネスの成長に関してかなり慎重な見通しを立てているという話だ。この姿勢は今後のITへの投資に反映されるだろう」(シモンズ氏)

 2011年に見られるこの他の気掛かりな傾向として、IT予算の使い道がほとんど変わっていないことが挙げられる。前年度の調査結果と同様に、新規のITプロジェクトに使われたのは予算の25〜30%にすぎず、70%はForrester Researchが言うところのMOOSE(編注)、つまり組織、システム、機器の保守と運用に費やされている。クラウドやモバイルといったテクノロジー提供モデル導入の機運が高まり、CEOがITを競争力の1つと目する年に、IT予算の大半は相も変わらず現行のITの保守に費やされている。

編注:Maintain(保守)、Operate(運用)、Organization(組織)、Systems(システム)、Equipment(機器)。

 「提供する製品やサービスでITが重要な役割を果たす場合、予算の70%がMOOSEに使われているようでは、到底競争力を維持できない」とシモンズ氏は断言する。MOOSEに当てられた予算のうち約50%は現行システムの運用と保守に使われ、残りの20%は自然なビジネスの成長に対応するためのシステム拡張に割り当てられている。

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news082.jpg

「TikTok」にも対応、TWIN PLANETと電通デジタルが「MOVIE GENIC 2.0」を提供開始
TWIN PLANETと電通デジタルは、インフルエンサーの動画広告を制作・配信するソリューショ...

news061.jpg

Amazon独走にWalmartが待ったをかける、海外小売業の最新動向
今、世界の小売業のデジタルシフトはどこまで進んでいるのか。業界事情に詳しいエキスパ...

news024.jpg

目標管理はExcelか紙が7割、アナログ過ぎる日本の職場の現実――HRBrain調べ
HRBrainは「目標管理の実態と従業員の本音に関する意識調査」を実施しました。