2006年01月12日 09時39分 公開
特集/連載

IT予算をイノベーションに投入するための4つのステップColumn

フォレスターリサーチの推計によると、IT予算のうちイノベーションのために投入されている金額はわずか24%だという。どうすればこのコスト構造を改善できるだろうか?

[TechTarget]

 フォレスターリサーチの推計によると、IT予算全体の中で新しい取り組みに投入されている金額の割合は、24%にとどまっているのが現状だ。残りのIT予算は何に使われているのかといえば、フォレスターのアナリスト、アンドリュー・バーテルズ氏がいうところの「MOOSE」――Maintain(保守)、Operate(運用)、Organization(組織)、Systems(システム)、Equipment(機器)だ。

 CIOは毎年、新たな取り組みに乗り出す前にMOOSEの現状を徹底的に見直し、次年度のMOOSEコストを抑えなければならない。例えば、そうした積み重ねによって、米SASでは、MOOSEと新しい取り組みそれぞれへの支出が50対50の割合となった。大手通信企業のSBCでも、これらの割合が90対10から62対38へと変わっている。目覚ましい数字だが、こうした成果を上げるには、どんな手を打てばよいのだろうか。

ITmedia マーケティング新着記事

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...