2012年05月28日 09時00分 UPDATE
特集/連載

Cloud Foundryとは何か(後編)Cloud Foundryが開発者にもたらすメリット

後編では、Cloud Foundryの詳細なアーキテクチャを解説する他、開発者がCloud Foundryを選ぶメリットを、実運用環境と開発環境の2つのケースで解説する。

[植村優一,NTTコミュニケーションズ]

前編のまとめ

 前編「.NET環境も構築できる、Cloud Foundry4つの強み」では、大きく分けて3点について述べた。1つ目はIaaSがコモディティ化しつつあることと、その差別化要素としてPaaSが注目されつつあること(関連記事:注目のPaaSを一挙に紹介! 〜Cloud Foundry、OpenShift、Herokuなど)。2つ目は、PaaSには、1つの事業者がハードウェアからアプリケーションプラットフォームまで、全てを1つのサービスで提供する「Proprietary PaaS」と、オープンソースソフトウェアとして公開され、IaaSレイヤーを自由に選択して構築ができる「Open PaaS」に分けられること(関連記事:オープンソースのPaaSはなぜ注目されるのか 〜Open PaaSの魅力と課題)。そして3つ目は、Open PaaSとして注目を浴びている「Cloud Foundry」について解説した(関連記事:楽天がプライベートPaaSを構築――「Cloud Foundry」を選んだ4つの理由)。

 本項では、Cloud Foundryの技術的な解説およびCloud Foundryを選ぶべき理由、そして今後の課題についての3点について述べていく。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news119.jpg

レモネード、「INFLUENCER ONE」にフォロワーの男女比率やリーチ数の予測機能を追加
レモネードは、インフルエンサーマーケティングプラットフォーム「INFLUENCER ONE」に、...

news099.jpg

「Pinterest」のマーケティング活用、実は意外と進んでいるってご存じでした?
おしゃれな人、アート志向の人が使う画像共有サービスとして知られる「Pinterest」。アー...

news095.jpg

NTTコム オンライン、「Oracle Eloqua」と連携したSMS送信サービスの提供開始
NTTコム オンラインは、マーケティングオートメーション「Oracle Eloqua」から直接SMSを...