2012年03月23日 09時00分 公開
特集/連載

Cloud Foundryとは何か(前編).NET環境も構築できる、Cloud Foundry4つの強み

2回にわたりCloud Foundryの魅力に迫る。前編では、昨今のIaaS、PaaSの動向から始まり、Cloud Foundryがなぜ注目されるのかについて解説する。

[植村優一,NTTコミュニケーションズ]

 国内においても高い成長性が見込まれているクラウドサービス。IaaS(Infrastructure as a Service)やSaaS(Software as a Service)が市場の中心であったが、その中間に位置するPaaS(Platform as a Service)も注目されつつある。

コモディティ化するIaaS

 クラウドサービスの中でも、仮想化技術によって細分化したコンピューティングリソースを提供するIaaSは、サービス提供者側にとっても利用者側にとっても「分かりやすい」サービスであり、これまでのホスティングサービスの延長として、それを置き換える形で普及してきた。

 しかしサービス提供者側の視点に立つと、IaaSは他社サービスとの差別化が図りにくい。コンピューティングリソースそのものを提供するという性質上、提供される機能はどこも同じになってしまう。つまりユーザー企業としても、サービスの優劣を決める要素は価格に対してどれだけの性能(CPUの速度、メモリ容量、ストレージの容量および速度など)を提供できるかでほぼ決まってしまう(関連記事:2011年クラウド業界を振り返る 〜IaaSの発展、混沌としたPaaS業界の行方)。

差別化としてのPaaS

ITmedia マーケティング新着記事

news132.jpg

東京オリンピック・パラリンピック延期でサービス業の約40%が業績悪化を懸念――リスクモンスター調査
東京オリンピック・パラリンピックの延期によって自社の業績が変化すると考えているのは...

news034.jpg

Cookie利用規制が今必要な理由を整理する
個人情報保護の観点から、広告・マーケティングにおけるCookieの利用をはじめとしたデー...

news150.jpg

地銀カードローンのWebサイトに6つの勝ちパターン、64行ランキングトップは百五銀行――WACUL調査
WACULテクノロジー&マーケティングラボは3万サイトのデータをベースに作った評価基準を...