2012年11月05日 08時00分 UPDATE
特集/連載

リソース、プロセッサ、ネットワークを考慮Hyper-Vのライブマイグレーションが失敗する理由

Hyper-Vでライブマイグレーションを成功させるには、幾つかのテクニックを必要とする。本稿では、Hyper-Vのライブマイグレーションの失敗でよくある原因を紹介する。

[Brien Posey,TechTarget]

 米MicrosoftHyper-Vを業務環境で運用している企業の大多数は、ライブマイグレーションが不可欠な機能だと考えている。ライブマイグレーションの失敗が深刻な問題となる可能性もあり、こういった失敗は誤った構成が原因で起こることが多い。問題の発生を予防するには、Hyper-Vのライブマイグレーションの失敗でよくある原因を知る必要がある。

リソース不足ではHyper-Vのライブマイグレーションは不可能

 ライブマイグレーションの失敗で最も多い原因は、最も修正しやすい問題でもある。ホストサーバ間で仮想マシン(VM)のライブマイグレーションを行うには、VMを収容するのに十分なリソース(物理メモリなど)が移動先のホストになければならない。移動先のホストに十分な空き物理メモリ(あるいはその他の物理ハードウェアリソース)がなければ、ライブマイグレーションは失敗する。

 この問題を解決するのは容易だ。十分なハードウェアリソースがある別のホストにVMのライブマイグレーションを実行するか、移動先ホスト上で動作しているVMの中で優先度の低いものを停止してスペースとリソースを解放すればいいのだ。

互換性のないプロセッサがマイグレーションの障害に

 Hyper-Vでは、クラスタノードが同一のハードウェアで構成されている必要はない。しかしライブマイグレーションに対応するには、Hyper-Vクラスタ内の各ホストサーバが似通ったプロセッサを搭載していなければならない。すなわち、物理ホストの全てのプロセッサが同じプロセッサファミリーに属していなくてはならないのだ。言い換えれば、Intelプロセッサを搭載したホストからAMDプロセッサを搭載したホストにVMのライブマイグレーションを実行することはできないということだ。

 似通ったCPUブランドを使用するだけでは不十分な場合もある。例えば、私は数週間前、6コアのAMDプロセッサで動作する数台の古いサーバを、8コアのAMDプロセッサを搭載した新しいサーバに交換しようと考えた。新しいサーバを既存のHyper-Vクラスタに含め、古いサーバから新しいサーバにVMのライブマイグレーションを行った上で、古いサーバを停止させるつもりだった。しかし残念なことに、旧サーバと新サーバのプロセッサの違いが大きかったため、ライブマイグレーションはうまくいかなかった。

 ただしこのケースでは、VMをプロセッサ互換モードに設定することでライブマイグレーションを実行することができた。

プロセッサ互換モードの問題点

 プロセッサ互換モードは魔法のような解決策に思えるかもしれないが、問題もある。同じファミリーに属するプロセッサ間でのライブマイグレーションでしか有効でないのだ。IntelプロセッサとAMDプロセッサとのライブマイグレーションを可能にする目的には使えない。しかしこのモードを利用すれば、主要ベンダーあるいは主要ブランドの異なる世代のプロセッサ間でのライブマイグレーションが容易になる。

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

Sitecore Experience Cloudが刷新、目玉は「ヘッドレス」「パーソナライズ自動化」「DAM」など
「Sitecore Experience Platform 9.1」がリリースされた。新バージョンにおける機能強化...

news005.jpg

RPA導入、知識や人材の不足を感じている企業が84.2%――パーソルホールディングス調べ
RPAによる業務自動化に取り組む企業が増える中、課題も浮かび上がっています。

news127.jpg

クラウド広告運用ツール「Shirofune」に複数コンバージョンの並行最適化機能
Shirofuneはクラウド広告運用ツール「Shirofune」の自動入札機能を拡張し、複数コンバー...