2012年11月19日 08時00分 UPDATE
特集/連載

VMwareはなぜvRAMライセンスを廃止したのかVMwareのvRAMライセンス廃止の背後にMicrosoftの影

VMwareはvSphere 5でvRAMライセンスを廃止した。その背景には、Windows Server 2012やSystem Center 2012のライセンスを簡素化するMicrosoftとの競合関係が少なからず存在する。

[Julia Anderson,TechTarget]

 VMwareは2012年夏に開催されたVMworldで、不人気だったvRAMライセンス体系を正式に廃止した。また、MicrosoftはSystem Center 2012に初のサービスパック(SP)のβ版をリリースした。両社とも、これによって不幸な顧客たちの悲しみを癒すことができると期待しているようだが、どちらの軌道修正も今のところ、世間の称賛は得られていない。

 それにしても、2013年前半まで正式なSP1コードをリリースする計画がないというのに、なぜMicrosoftは“System Center 2012”という名称を使い続けるのだろう。2012年4月にリリースされたSystem Center 2012は、Windows Server 2012の管理機能など幾つか重要な機能が欠落していた。サービスパックでWindows 8の導入および管理機能はサポートされるが、IT部門が求めるHyper-V対応はもうしばらく待つ必要がある。

 「それは大きな問題だ。なぜなら、Windows Server 2012上でHyper-Vを管理、バックアップするためのエンタープライズクラスの方法は、いまだにないからである」(米ダートマス・ヒッチコック医療センターの上級システムエンジニア ロブ・マクシャインスキー氏)

 一方、米Red Hatは、ソフトウェアベースのクラスタ対応のNAS(ネットワーク接続ストレージ)でストレージ市場の活性化を目指す。

関連ホワイトペーパー

Windows Server 2012 | Red Hat | Hyper-V | NAS


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news075.jpg

KPIの到達可能性をAIが判断して広告配信を自動最適化、マイクロアドが「UNIVERSE FFM Version1.0」を提供
マイクロアドは、「UNIVERSE フルファネルマネジメント Version1.0」を提供開始した。

news061.jpg

マーケティングオートメーション×LPO トライベック・ストラテジーとデータアーティストがツール連携
トライベック・ストラテジーとデータアーティストは、それぞれが提供するツールの連携を...

news053.jpg

電通デジタルとビービット、マーケティングオートメーションのシナリオをPDCAで支援する独自メソッド提供
電通デジタルはビービットと共同で、デジタル行動観察ツール「ユーザグラム」を活用し、...