2013年02月06日 08時00分 UPDATE
特集/連載

Windows Server 2012のHyper-Vと比較Windows 8 クライアントHyper-Vのインストール方法と特徴

Windows 8のクライアントHyper-Vは、サーバ版Hyper-Vから多くの利点を引き継いでいる。クライアントHyper-Vのシステム要件や機能、インストール方法、Windows XP Modeとの違いなどを解説する。

[Frank Ohlhorst,TechTarget]

 Windows 8はさまざまなうたい文句で宣伝されているが、重要な機能があまり目立たない存在になっている。デスクトップ管理者にとって同OSで最重要な機能の1つであるクライアントHyper-Vがそれだ。

 Windows 8のクライアントHyper-Vは、米MicrosoftのハイパーバイザーをデスクトップPCやノートPCで利用できるようにするものだ。クライアントハイパーバイザーは以前からあるが、クライアントHyper-Vは、Microsoftがこれまで提供してきたデスクトップ仮想化技術とは別物だ。Windows ServerのHyper-Vをベースにしており、このサーバ版の利点と要件の多くはクライアントHyper-Vにも当てはまる。

 クライアントHyper-Vは、Hyper-VとHyper-Vマネージャという2つのプライマリアプリケーションから成る。Hyper-Vは、仮想マシン(VM)を動作させるVM管理ソフトだ。Hyper-Vマネージャは、VMや仮想HDD(VHDファイル)の作成、削除に使用する。VMを作成すれば、Windows 3.1〜8、Linux、BSDなど、任意のOSをインストールできる。

クライアントHyper-Vの要件

 クライアントHyper-Vを使う前に、そのタスクが自分のシステムで利用可能なことを確認する必要がある。まず、64ビットPCが必要だ。ベースになっているサーバソフトウェアと同様に、クライアントHyper-Vは64ビットマシンでしか動作しない。マシンのOSは64ビット版Windows 8 Pro(またはEnterprise)でなければならない。

 チップセットの要件もある。Windows 8のクライアントHyper-Vは、SLAT(Second Level Address Translation)機能を搭載する米Intelや米AMDの最近のマイクロプロセッサを必要とする(この要件は簡単にクリアされるはずだ。現行世代のマイクロプロセッサのほとんどがこの機能を搭載しているからだ)。さらに、PCに少なくとも4GバイトのRAMが搭載されていなければならない。もちろん、仮想化を利用する場合、RAMが多いにこしたことはない。高いパフォーマンスを求める人やハイエンドアプリケーションを使いたい人は、もっとRAMを増やした方がよいだろう。

クライアントHyper-Vのインストール

 システムの準備が整ったら、クライアントHyper-Vのインストールを行う。前述のように、クライアントHyper-Vは64ビット版Windows 8 ProまたはEnterpriseシステムでのみ利用できるが、デフォルトではインストールされていない。インストールするには、[Windowsの機能]ダイアログボックスを開く必要がある。

 そのためには、[コントロールパネル]の[プログラムと機能]を開き、左側のメニューから[Windowsの機能の有効化または無効化]を実行する。あるいは、検索チャームを開き、検索ボックスに「Windowsの機能」と入力し、[設定]、[Windowsの機能の有効化または無効化]の順にタップまたはクリックする。

 こうして[Windowsの機能]ダイアログボックスを開いたら、チェックボックスを選択し、マシンをリブートすれば、クライアントHyper-Vがインストールされる。

 クライアントHyper-VがWindows 8 Pro/Enterpriseシステムにインストールされたら、サーバ版Hyper-Vの使用経験者は、クライアントHyper-Vがサーバ版にいかに似ているかが分かるだろう。仮想サーバ環境でのHyper-Vの使い方を知っていれば、PC管理にクライアントHyper-Vを問題なく使えるはずだ。

クライアントHyper-Vの機能

 Windows 8のクライアントHyper-Vは豊富な機能を備えており、Microsoftの従来の仮想デスクトップ製品であるMicrosoft Virtual PCと比べて大幅に改善されている。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news064.jpg

シャノンの「イベント受付来場認証」がPepperと連携
シャノンは、MAツール「SHANON MARKETING PLATFORM」において、展示会・イベントの来場者...

news014.jpg

SalesTech最前線 世界の主要サービスを一気見
AdTech、Martechに続く注目分野であるSalesTechの現状はどうなっているのか。各領域の主...

news106.jpg

「Gotcha!mall」が「LINE」と連携
グランドデザインは、スマートフォンオムニチャネルプラットフォーム「Gotcha!mall(ガッ...