2013年02月20日 08時00分 UPDATE
特集/連載

クラウドや競合で様変わりしたMicrosoft Office歴史からひも解く、「新しいOffice」ができるまで

米Microsoftの「Office 2013」「Office 365」には、さまざまな提供形態やエディションが用意されている。その背景には、クラウドの普及や競合の存在があった。

[Stuart J. Johnston,TechTarget]

 Microsoft Officeが登場する前、人々はワードプロセッサなどのプログラムを個別の製品として購入していた。米Microsoftは1989年、「Office」というアプリケーション統合パッケージを発売した(ちなみに、最初のバージョンはMacintosh用だった。Windowsは1990年まで重要なOSにはなっていなかった)。それがOfficeの始まりであり、以後、巨大なヒット製品へと成長していく。

 Microsoftは、その後Officeデスクトップアプリケーションと連動するサーバアプリケーション統合パッケージ「Microsoft BackOffice」をリリースする。この製品には、「Windows Server(当時はWindows NT Server)」やメールシステムの「Microsoft Exchange Server」、リレーショナルデータベース管理システム(RDBMS)の「Microsoft SQL Server」が含まれていた。さらに時を経て、ユーザーやグループのコラボレーションを支援する「Microsoft SharePoint Server」、コミュニケーションを統合するための「Microsoft Lync Server」などのバックエンドコンポーネントが追加された。

 このパッケージは有益かつ直観的なモデルで、ITやライセンス管理の担当者にとって一般的に理解しやすかった。デスクトップ用生産性アプリケーションのバンドルとサーバソフトのバンドルが連係する比較的シンプルなコンセプトから、今日の複雑な製品ラインアップに至るまで、Microsoftはわれわれにどのようなメリットをもたらしたのだろうか?

 クラウドは、さまざまなコンピューティングサービスをユーザーに提供するための方法を変容させつつある。それは同時に、Microsoftに大きな難問を突き付ける。ユーザーがサブスクリプションベースで進んで支払おうとする金額で、フロントエンドとバックエンドの機能をどのようにパッケージ化し、販売すべきか。こうした変化に対応するため、クリティカルなデータやアプリケーションをクラウドへ移行することに不安を覚えるITプロたちの要求に、Microsoftは応えていかなければならないのだ。

 「Microsoft Officeは、安価または無料のデスクトップアプリケーションとの競合に直面している。Webブラウザで動作する『Googleドキュメント』『IBM SmartCloud Docs』などだ」(参考:Office 365、Google Docsを超える? IBMのクラウド型オフィススイートに高まる期待)。そのためMicrosoftは、Office 2010からブラウザベースのスリム化したOfficeアプリケーション「Office Web Apps」を提供するようになった。Office Web Appsは、Microsoft Officeのような完全な機能を備えているわけではないが、次第にその方向へと進んでいる。

BPOSの後継として生まれた「Office 365」

 Microsoftは、当初「Microsoft Business Productivity Online Suite(BPOS)」というバックエンドサーバサービスを提供していた。BPOSは、サブスクリプションベースでサーバソフトウェア機能を提供するためのサービスだった。

 しかし2011年、Office 365の投入とともに、その戦略は変更される。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

「SATORI」が機能アップデート、シナリオ機能を強化
SATORIはマーケティングオートメーションツール「SATORI」の機能アップデートを発表した。

news012.jpg

AIで社会課題を抽出して国会議員に届けてみた結果――東大・電通PR・ホットリンク調べ
国会議員の政策策定にもAIを活用する日がくるかもしれません。

news028.jpg

電通が分類する30の「メディアライフスタイル」はなぜ生まれたのか、ここから何が見えてくるのか
電通メディアイノベーションラボが類型化する30の「メディアライフスタイル」。これによ...