2013年05月29日 18時00分 UPDATE
ニュース

NEWSグリーン・グリッド、“データセンターの省エネ支援”白書を発行

データセンターのエネルギー効率を測定するPUEの定義や分析・リポート方法、日米欧で統一した測定ガイドラインなどが掲載されている。また、日本国内のデータセンターの改善活動を表彰するアワードを開催する。

[翁長 潤,TechTargetジャパン]

 データセンター/IT機器のエネルギー効率改善を推進する団体「グリーン・グリッド日本支部」は5月28日、データセンターのエネルギー効率指標「PUE」(電力使用効率性:Power Usage Effectiveness)に関するホワイトペーパー「PUE指標に関する総括」(日本語版)を発行した。同団体のWebサイトから無償でダウンロードできる。

 PUEは、グリーン・グリッド本部(米国オレゴン州)が設立された2007年に同団体が策定した指標で「データセンター(設備)全体の消費電力」を「IT機器の消費電力」で割った値。最もエネルギー効率が良い場合の値は「1.0」となる。公開後も同団体は関係団体からのフィードバックを基に測定手法を改善し、PUEの定義や使用法に関する複数のホワイトペーパーを発行してきた。今回発行した「PUE指標に関する総括」は、これまでに発行した複数のホワイトペーパーの情報を集約したもので、PUEの定義や測定・リポート方法から日米欧で統一した測定ガイドラインまで、多数の情報が幅広く掲載されている。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news083.jpg

「アドエビス」が「モニプラ」と連携、ユーザー行動×定性データの施策評価が可能に
ロックオンは、「アドエビス」において、「モニプラ」と連携すると発表した。

news057.jpg

6秒動画に特化した動画広告配信サービス「BumVi」、ジーニーとトレンダーズが提供
ジーニーはトレンダーズと共同で、6秒動画に特化した新しい動画広告配信サービス「BumVi...

news055.jpg

トランスコスモス、Salesforceと連携したレコメンドダイレクトメール「レコレタ」を提供
トランスコスモスは、Salesforceと連携し、顧客セグメントに応じて紙のダイレクトメール...