2013年05月27日 08時00分 公開
特集/連載

システムの電力コストを抑えたい課題解決ナビ

サーバやネットワーク機器をはじめとするIT機器に掛かる電力コストを削減したい――。こうしたニーズに応える製品/技術が充実している。その代表例を紹介しよう。

[TechTargetジャパン]

 システム全体の電力コストを抑えるには、サーバやルータといったIT機器だけではなく、データセンターの空調を含めた幅広い要素の省電力化が必要となる。本稿は、消費電力削減に役立つ製品/サービスをピックアップした。

解決策1:省電力サーバの採用

 IT機器の中核要素であるサーバ。その消費電力を下げる最も素朴な解決策は、低消費電力プロセッサなどの省電力技術を搭載したサーバの導入だ。より電力消費の少ないサーバを導入することで、稼働時の消費電力を抑制できる。

解決策2:電力管理ソフトウェアの利用

 システム全体の電力使用量を可視化する「電力管理ソフトウェア」を導入し、消費電力を正確に把握することも重要だ。可視化だけでなく、事前設定したルールに基づき、サーバやクライアントPCを自動的にシャットダウンする機能を備えた電力管理ソフトウェアもある。

解決策3:仮想化によるサーバ統合

 サーバ統合を進めてサーバの物理台数を減らせば、電力消費量を削減できる。その有力な手段となるのがサーバ仮想化製品だ。サーバ仮想化製品を導入すると、複数の仮想サーバを1台の物理サーバで稼働できるので、物理サーバの削減が期待できる。

解決策4:最新冷却技術の利用

 機器冷却に掛かるコストは業務システムの電力消費量の3分の1以上を占めるといわれる。この冷却方法を見直すことも消費電力削減の鍵となる。高効率の冷却装置や外気冷房といった冷却技術の活用は、その代表例だ。システムにほとんど手を加えることなく、消費電力を削減できることは大きい。

 それぞれの製品の詳細については、TechTargetジャパンの関連記事を参照いただきたい。

ITmedia マーケティング新着記事

news030.jpg

経営にSDGsを取り入れるために必要な考え方とは? 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【前編】
企業がSDGsを推進するために何が必要なのか。北九州市立大学の眞鍋和博教授と語り合った。

news022.jpg

「サイト内検索」ツール(有償版) 国内売れ筋TOP10(2021年7月)
サイト内検索(サイトサーチ)ツールは検索窓から自社サイト内のコンテンツを正確に、効...

news139.jpg

SNSの利用時間は77.8分、Instagram利用率は50%超え――Glossom調査
スマートフォンでの情報収集に関する定点調査。スマートフォンの利用時間は順調に増加し...