2013年07月17日 08時00分 UPDATE
特集/連載

McKinseyが太鼓判科学オタク納得の“未来を変える12の技術”

McKinsey & Companyの調査部門が、100種類のテクノロジーの中から今後の世界を大きく塗り替える可能性を秘めた12のテクノロジーを選出。環境に対する影響度の大きい順にランク付けした結果、1位に選ばれたのは?

[David Essex,TechTarget]

 ITアナリストとコンサルタントの予測の方向は、その時点の流行の風潮や資金の提供先の意向に、明らかに左右されることが往々にしてある。アナリストやコンサルタントが画期的な提案をしたり論争を巻き起こしたりすることはめったにない。そんな中、老舗のコンサルタント会社である米McKinseyの精鋭が、現存のテクノロジーが秘めている力を極限まで発揮したとすると、世界はどう変わるのか、包括的で信頼性の高い展望の概略を発表した。

 経営コンサルタント会社、McKinsey & Companyの調査部門であるMcKinsey Global Instituteが最近発表したリポートが評判になっている。「Disruptive technologies:Advances that will transform life, business and the global economy」(未来を変えるテクノロジー:生活、仕事、世界経済を変える先駆け)と題して、同社は「現在から2025年までの間に、経済価値を根底から覆すほどの圧倒的に大きな影響力を持つ」と予測されるテクノロジーを特定するリポートをまとめた。

 ITベースのテクノロジー、または安価なマイクロプロセッサの通信機能や演算能力が現状ほどに進化しなければ存在しなかったテクノロジー全体の中で、リストの筆頭に挙げられたのが“インターネットのモバイル化”である。世界を揺るがす12のテクノロジーとして“ロボット工学”“再生可能エネルギー”“ゲノム配列”なども選ばれた。これらのテクノロジーをさしおいて、インターネットのモバイル化が最も注目度の高いテクノロジーとして選ばれたのは、クラウド、モバイルアナリティクス、コンシューマライゼーションなど、企業幹部やITの専門家が現在直面している大きな問題に対する関連性が深く、これらを解決するカギとなる可能性を秘めていると期待されていることが一因となっていると考えられる。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

news040.jpg

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...

news103.png

オムニバス、「セゾンDMP」を活用したターゲティング広告を提供
クレディセゾンの100%子会社オムニバスは、クレディセゾンが保有するクレジットカードの...