2013年07月31日 08時00分 UPDATE
特集/連載

クラウドガバナンス現在進行形【IaaS比較編・2013年版】「62のIaaSランキング」から見える、今後のクラウド比較で気を付けたいこと

IaaS上位サービスにおけるNIST定義満足度とガバナンス成熟度は完成の域に達し、PaaS層への進化や、IaaS同士の相互接続も始まりつつある。これにより、IaaS層のエコシステムやサービス手順の自動化はさらなる加速を示すだろう。

[川田大輔]

 2013年6月、NIST定義やガバナンス要件を基に、62のIaaS(Infrastructure as a Service)を比較・スコアリングし、比較表とランキングをまとめた記事「【徹底比較】安心・満足なクラウドはどれだ? 62のIaaSランキング」(以下、62のIaaSランキング)と、この記事に関する考察「『62のIaaSランキング』を徹底解説! 日本におけるCloud-washingの実態」を公開した。本稿では、62のIaaSを調査した筆者がIaaS市場の今後について考えをまとめた。

これからのIaaS

 IDC Japanが発表している国内サーバ市場規模調査国内パブリッククラウドサービス市場調査のデータを利用し、「クラウドは本当にコストダウンになるのか」で提示した方法論で国内サーバ運用費(含む償却費)とクラウド市場規模の関係をグラフにしてみた(グラフ)。ここで言うクラウドとはIDCの定義に基づいているので、62のIaaSランキングの調査基準で言うなら広義のクラウドに当たる。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news098.jpg

博報堂DYグループ、デザイン心理学を活用したオウンドメディアデザインソリューションの提供開始
博報堂DYホールディングスの博報堂DYグループ・次世代オウンドメディア・マーケティング...

news020.jpg

「A8.net」、アフィリエイト参加者に掲載情報の信頼性チェックサービスを提供開始
ファンコミュニケーションズは、同社のアフィリエイトサービス「A8.net」において、提携...

news016.jpg

「グローバルファースト」で世界に売り込む方法
世界に対して自らのビジネスを売り込むためにはどうすればいいか。ITジャーナリスト占部...