2013年07月31日 08時00分 UPDATE
特集/連載

クラウドガバナンス現在進行形【IaaS比較編・2013年版】「62のIaaSランキング」から見える、今後のクラウド比較で気を付けたいこと

IaaS上位サービスにおけるNIST定義満足度とガバナンス成熟度は完成の域に達し、PaaS層への進化や、IaaS同士の相互接続も始まりつつある。これにより、IaaS層のエコシステムやサービス手順の自動化はさらなる加速を示すだろう。

[川田大輔]

 2013年6月、NIST定義やガバナンス要件を基に、62のIaaS(Infrastructure as a Service)を比較・スコアリングし、比較表とランキングをまとめた記事「【徹底比較】安心・満足なクラウドはどれだ? 62のIaaSランキング」(以下、62のIaaSランキング)と、この記事に関する考察「『62のIaaSランキング』を徹底解説! 日本におけるCloud-washingの実態」を公開した。本稿では、62のIaaSを調査した筆者がIaaS市場の今後について考えをまとめた。

これからのIaaS

 IDC Japanが発表している国内サーバ市場規模調査国内パブリッククラウドサービス市場調査のデータを利用し、「クラウドは本当にコストダウンになるのか」で提示した方法論で国内サーバ運用費(含む償却費)とクラウド市場規模の関係をグラフにしてみた(グラフ)。ここで言うクラウドとはIDCの定義に基づいているので、62のIaaSランキングの調査基準で言うなら広義のクラウドに当たる。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news008.jpg

佐藤尚之氏が語る、新規獲得が難しい時代だからこそ「ファン」を大切にすべき理由
これからのマーケティングが「ファンベース」であるべき理由とは何か。コミュニケーショ...

news134.jpg

Oracle、IBM、Adobeが語るデジタルマーケティングの新潮流
主要マーケティングツールベンダーは現在のマーケティングトレンドをどう見ているのか。...

news112.jpg

KDDI、ショッピングモール「Wowma!」出店店舗の中国向け越境EC参入をサポート
KDDIは、越境ECプラットフォーム「豌豆 (ワンドウ) プラットフォーム」を運営するInagora...