2013年08月13日 08時00分 UPDATE
特集/連載

各サービスの中心となるかGoogleウォッチャーが目を離さない「ハングアウト」動向

Googleがユニファイドコミュニケーションツールである「ハングアウト」の機能を拡張し、Googleの各サービスを統合しようとしている。同社の動きは他のコミュニケーションツールにどう影響を与えるのか。

[Gina Narcisi,TechTarget]

 米Googleは最近、「Google Voice」の「Google Hangout」(以下、ハングアウト)への統合を発表した。同社は、Googleアプリケーションの集約による複合的なソーシャルエクスペリエンスの提供を進めており、その一環だ。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news081.jpg

サイバーエージェント、ブランド広告特化の「CA本部DSP」でネイティブ動画フォーマットに対応
サイバーエージェントは2017年2月21日、同社が提供するブランド広告企業向け広告配信サー...

news075.jpg

電通とISID、高精細4Kデジタルサイネージの実証実験でB.LEAGUE試合映像をライブ配信
電通とISIDは、東京・渋谷で高精細4Kデジタルサイネージの実証実験「4K@SHIBUYA」を実施...

news069.jpg

イノーバとピー・ディー・アールが協業、コンテンツマーケティングとインサイドセールスをワンストップで提供
イノーバはこのほど、インサイドセールスのコンサルティング企業ピー・ディー・アールと...