2013年08月13日 08時00分 UPDATE
特集/連載

各サービスの中心となるかGoogleウォッチャーが目を離さない「ハングアウト」動向

Googleがユニファイドコミュニケーションツールである「ハングアウト」の機能を拡張し、Googleの各サービスを統合しようとしている。同社の動きは他のコミュニケーションツールにどう影響を与えるのか。

[Gina Narcisi,TechTarget]

 米Googleは最近、「Google Voice」の「Google Hangout」(以下、ハングアウト)への統合を発表した。同社は、Googleアプリケーションの集約による複合的なソーシャルエクスペリエンスの提供を進めており、その一環だ。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news080.jpg

メンバーズ、テンセントと広告販売における代理店契約を締結
メンバーズは、テンセントの国際事業部であるインターナショナル・ビジネス・グループと...

news125.jpg

ECサイト構築ASP「aishipR」が独自プログラムを追加可能に
ロックウェーブは、同社のレスポンシブECサイト構築ASP「aishipR」において、ユーザーが...

news119.jpg

Facebook、「オーディエンスネットワーク」経由の広告閲覧数が月間10億人を突破
Facebookはこのほど、「オーディエンスネットワーク」を通して広告を閲覧する人数が毎月1...