2013年11月13日 08時00分 UPDATE
特集/連載

総点検: SMBのためのBI活用【番外編(前編)】“何でもExcel分析”から脱却すべき理由

手軽なデータ分析手段として有用な「Microsoft Excel」。ただし、中堅・中小企業が望むデータ分析を実現するには、Excelだけでは十分とはいえない。調査結果を基に、その理由を説明しよう。

[岩上由高,ノークリサーチ]

 「ビッグデータ」の取り組み事例は、新聞やテレビなどで日々紹介されている。大量のデータをリアルタイムに処理することで、今まで得られなかった新たな知見をビジネスに生かす動きだ。現在は大企業や産官学共同体が主体だが、それほど遠くない将来には、中堅・中小企業においても高度なデータ分析をビジネスに生かす日がやってくるだろう。

 とはいえ、いきなりビッグデータの取り組みに飛躍するのはさすがに難しい。「Microsoft Excel」を用いた簡単な集計や分析はイメージできるが、その次のステップとして何をどう始めればよいか――。こうした課題に悩む中堅・中小企業が多いというのが実情だ。

 そこで本稿は、中堅・中小企業のビジネスインテリジェンス(BI)活用に関する動向を追ってきた本連際の番外編として、「Excelからの次の1歩」としてのBI活用を踏みだす際に留意すべきポイントについて、調査データを交えながら考察していくことにする。

中堅・中小企業がまず求めるのは「セルフサービスBI」や「誰でもBI」

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news074.jpg

インフルエンサーマッチングの「SPIRIT」、優良インフルエンサーのみのネットワーク構築へ会員数を2万人に制限
LIDDELLは、インフルエンサーマッチングプラットフォーム「SPIRIT」において登録インフル...

news024.png

不正トラフィックが最も多いアプリカテゴリーは「エンターテインメント」と「ニュース」──AppLift調査
AppLiftは、世界的なアドフラウド(広告詐欺)の分布データの調査を実施し、そのレポート...

news025.jpg

デジタルガレージがID-POSデータ連動型広告運用サービスを開始、店頭での効果可視化へ
デジタルガレージは、ID-POSデータと連動した広告運用サービス「POS UP!-オンライン広告...