2013年12月09日 08時00分 UPDATE
特集/連載

総点検: SMBのためのBI活用【番外編(後編)】“何でもExcel分析”から脱却できるBIツールの選び方

中堅・中小企業が求める「セルフサービスBI」や「誰でもBI」を実現するには、Microsoft Excelのみでは十分とはいえない。では、何が必要なのか? 具体例を基に説明する。

[岩上由高,ノークリサーチ]

 前編「“何でもExcel分析”から脱却すべき理由」では、一般の従業員が自らデータ分析をする「セルフサービスBI(ビジネスインテリジェンス)」や「誰でもBI」の実現を望む中堅・中小企業が多い一方で、中堅・中小企業がデータ分析によく活用する「Microsoft Excel」(以下、Excel)のみでは、セルフサービスBIや誰でもBIを実現しにくい理由を整理した。

 中堅・中小企業でセルフサービスBIや誰でもBIを進めるには、どうすればよいのか? その解決策を解説していこう。

「使い勝手のよいユーザーインタフェース」が本当に意味するもの

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news062.jpg

ランドスケイプの企業データベース「LBC」がマーべリックのDMP搭載型DSP「Sphere」と連携
ランドスケイプは、同社の企業データベース「LBC」がマーベリックのDMP搭載型DSP「Sphere...

news068.jpg

ジーニー、CRM/SFAシステム「ちきゅう」を会社分割契約により事業承継
ジーニーは、ちきゅうが提供する中小企業向けCRM/SFAシステム「ちきゅう」の開発・販売...

news066.jpg

電通、広告統合プランニング・効果検証ツール「STADIA OOHプラス」(β版)を開発
電通は、テレビ広告とインターネット広告の統合プランニングを実現する「STADIA」の機能...