2013年12月09日 08時00分 UPDATE
特集/連載

総点検: SMBのためのBI活用【番外編(後編)】“何でもExcel分析”から脱却できるBIツールの選び方

中堅・中小企業が求める「セルフサービスBI」や「誰でもBI」を実現するには、Microsoft Excelのみでは十分とはいえない。では、何が必要なのか? 具体例を基に説明する。

[岩上由高,ノークリサーチ]

 前編「“何でもExcel分析”から脱却すべき理由」では、一般の従業員が自らデータ分析をする「セルフサービスBI(ビジネスインテリジェンス)」や「誰でもBI」の実現を望む中堅・中小企業が多い一方で、中堅・中小企業がデータ分析によく活用する「Microsoft Excel」(以下、Excel)のみでは、セルフサービスBIや誰でもBIを実現しにくい理由を整理した。

 中堅・中小企業でセルフサービスBIや誰でもBIを進めるには、どうすればよいのか? その解決策を解説していこう。

「使い勝手のよいユーザーインタフェース」が本当に意味するもの

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

news040.jpg

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...

news103.png

オムニバス、「セゾンDMP」を活用したターゲティング広告を提供
クレディセゾンの100%子会社オムニバスは、クレディセゾンが保有するクレジットカードの...