2014年01月10日 18時30分 UPDATE
特集/連載

iPad Airとの比較で浮かび上がる高機能徹底レビュー:iPadに真っ向勝負「Galaxy Note 10.1(2014 Edition)」の本気

Galaxy Note 10.1(2014)は高価だが費用に見合う性能や機能を手に入れられる。iPad Airと比較しながら主要機能や仕様を紹介する。

[AdamaDBrown,TechTarget]

関連キーワード

iPad | タブレット | 比較 | Apple | 教育 | Google | Surface


 韓国Samsungの「Galaxy Note」ラインは、常に同社の最もハイエンドなハードウェア製品の一角を占めてきた。しかし、「Galaxy Note 10.1」は最新モデルの「2014 Edition」(日本は未発売)で、業界でも最先端のスペックの数々を装備した。タブレットとしては最高の解像度のディスプレー(iPadをも上回る)、強力な8プロセッサコア、拡張可能なストレージなど、多くの特徴を持つ。もちろん、Samsung独自のスタイラス「Sペン」に加え、豊富なアプリやオプションも用意されている。

 しかもSamsungは、2013年末までにこの第2世代Note 10.1を購入した人に、特典を山ほど提供している。

  • Samsungのコンテンツストア「Hub」で使える50ドル分のクーポン
  • 「Google Play」で何にでも使える25ドル分のクーポン
  • 50Gバイトの容量を丸2年間無料で利用できるDropboxアカウント(100ドル相当)
  • 「Audible」からオーディオブック3冊を無料で入手可能
  • Wi-Fiホットスポットサービス「Boingo」の1年間無料アクセス
  • 有料動画配信サービス「Hulu Plus」の利用料が3カ月間無料

 などといった具合だ。恐らくほとんどの人はこれらの特典を半分も使わないだろう。しかし、Samsungが顧客に新タブレットの便利さを満喫してもらおうと考えているのは明らかだ。間違いなくNote 10.1(2014)は最高のハイエンドタブレットの座を目指し、iPadに真っ向から対抗している。この目的のために用意されたスペックと機能のおかげで、新Note 10.1が本当に勝利を収める可能性もあるかもしれない。

仕上がりとデザイン

 Note 10.1(2014)のカラーはホワイトとブラックの2色。米TechTargetではホワイトモデルを入手した。前面はSamsungデバイスの典型的なデザインが踏襲されている。ホワイト(ブラックモデルではブラック)のベゼルがディスプレーを囲み、横向きで下部のベゼルの中央に物理ホームキー、その左右にタッチセンサーによるメニューキーとバックキーが配置されている。

ik_tt_note01.jpg

 Samsungデバイスでは最近、光沢のあるプラスチックの背面が採用される傾向があるが、それを歓迎していない人(私もそうだが)にとって、新Note 10.1はうれしい驚きだろう。背面はプラスチック製だが、レザー調のテクスチャが施され、縁にはステッチが入っている。安っぽく感じる人もいるかもしれないが、私にはとても好ましく見える。さらに重要なことに持ち心地が良い。滑りにくいだけでなく、指紋が付かないため汚れを心配する必要がない。また、上下左右の面にはプラスチックにアルミ風の塗装がなされているが(正直なところ、この工夫は余計だった)、目立ちすぎではない。

 全体的にNote 10.1(2014)のデザインは堅実だ。質感が素晴らしく、見栄えも良く、デザイン上の判断の大部分は的確だ。ただし、キーに関してはいただけない(詳しくは後述)。背面はSamsungの他機種に見られるような光沢のあるプラスチック製で見た目が安っぽいものとは一線を画している。また、この新タブレットでは覆われていてほしい場所は全て覆われている。非常に出来の良いハードウェアといえる。

ディスプレー

 Note 10.1(2014)のディスプレーはまさに驚異的だ。解像度は2560×1600と極めて高く、フルHD規格(1920×1080としか定義されていない)をはるかに超える。DPI(画素密度)も、人間の目が識別できる限界である300近くに達する。実際、解像度も画素密度もAppleのiPad AirのRetinaディスプレーを大きく上回っている(DPIは新Note 10.1が299ppi、iPad Airが264ppi)。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news094.jpg

GMO TECH、スマーフォン用動画広告作成プラットフォームを提供開始
GMO TECHはShakr Mediaと提携し、スマートフォンアプリのPR動画広告の作成に特化したPR動...

news110.jpg

野村総合研究所、デジタル領域に特化した新会社「NRIデジタル」を設立
野村総合研究所は、デジタルビジネスを専門とする「NRIデジタル」をを2016年8月1日付で設...

news140.jpg

マーケティングオートメーションを活用してDMを自動発送、博報堂DYメディアパートナーズなど3社で提供
博報堂DYメディアパートナーズとブレインパッド、福島印刷の3社は、マーケティングオート...