2014年04月24日 08時00分 UPDATE
特集/連載

比べて分かった“艦これ”以外の使い道「Surface Pro 2」と「VivoTab Note 8」を徹底比較、ペン付きWinタブレットの最強はどっちだ?

ワコム製デジタイザやスタイラスペンが標準で付いてくる――。そんな共通点があるWindows 8.1タブレットが「Surface Pro 2」と「ASUS VivoTab Note 8」だ。両者の性能や特徴を徹底比較する。

[Jamison Cush,TechTarget]
tt_tt_Tablet01.jpg

 米Microsoftの「Surface Pro 2」は、Windows 8.1タブレットの最高峰を追求したモデルだ。その携帯性とパワーの両立は他に類を見ない。これに対して台湾ASUSTeK Computerの「ASUS VivoTab Note 8」は控えめなスペックとなっている。だが両者には、もう1つ顕著な違いがある。570ドルの価格差だ。

 Surface Pro 2は、米Intelの「第4世代インテルCoreプロセッサー」(コード名: Haswell)である「インテルCore i5プロセッサー」、解像度1920×1080ピクセルの10.6インチディスプレー、フルサイズのUSB 3.0ポートを搭載する。われわれが以前にレビューし、今回比較対象として取り上げた900ドルのモデル(国内販売はなし)は、オンボードストレージが64Gバイト、RAMが4Gバイト。OSは64ビット版「Windows 8.1 Pro」だ(参考:徹底レビュー:異彩タブレット「Surface Pro 2」の斜め上への進化)。

 ASUS VivoTab Note 8は、Intelの新型「インテルAtomプロセッサー」(コード名: Bay Trail)、1280×800ピクセルの8インチディスプレー、Micro-USBポートを搭載。今回の比較に使った330ドルのモデルは、2GバイトのRAMと32Gバイトのストレージを備える。OSは32ビット版Windows 8.1だが、「Microsoft Office Home and Student 2013」(国内版は「Microsoft Office Personal 2013」)が付属する。

 ASUS VivoTab Note 8とSurface Pro 2には、Windows 8.1タブレットの中で両者を際立たせる共通の特徴がある。ワコム製のデジタイザを備え、スタイラスペンの筆圧感知が可能なことだ。いずれもデジタルインク機能の利用や走り書き、メモ、描画用に筆圧感知型のスタイラスペンが付属する。

 ここで“メモ魔”の人やデジタルアーティストに聞いてみたい質問がある。それは、「900ドルのSurface Pro 2が必要か、それともASUS VivoTab Note 8で十分か」である。以下ではその答えを探っていこう。

仕上がりとデザイン

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news075.jpg

KPIの到達可能性をAIが判断して広告配信を自動最適化、マイクロアドが「UNIVERSE FFM Version1.0」を提供
マイクロアドは、「UNIVERSE フルファネルマネジメント Version1.0」を提供開始した。

news061.jpg

マーケティングオートメーション×LPO トライベック・ストラテジーとデータアーティストがツール連携
トライベック・ストラテジーとデータアーティストは、それぞれが提供するツールの連携を...

news053.jpg

電通デジタルとビービット、マーケティングオートメーションのシナリオをPDCAで支援する独自メソッド提供
電通デジタルはビービットと共同で、デジタル行動観察ツール「ユーザグラム」を活用し、...