2014年04月24日 08時00分 UPDATE
特集/連載

比べて分かった“艦これ”以外の使い道「Surface Pro 2」と「VivoTab Note 8」を徹底比較、ペン付きWinタブレットの最強はどっちだ?

ワコム製デジタイザやスタイラスペンが標準で付いてくる――。そんな共通点があるWindows 8.1タブレットが「Surface Pro 2」と「ASUS VivoTab Note 8」だ。両者の性能や特徴を徹底比較する。

[Jamison Cush,TechTarget]
tt_tt_Tablet01.jpg

 米Microsoftの「Surface Pro 2」は、Windows 8.1タブレットの最高峰を追求したモデルだ。その携帯性とパワーの両立は他に類を見ない。これに対して台湾ASUSTeK Computerの「ASUS VivoTab Note 8」は控えめなスペックとなっている。だが両者には、もう1つ顕著な違いがある。570ドルの価格差だ。

 Surface Pro 2は、米Intelの「第4世代インテルCoreプロセッサー」(コード名: Haswell)である「インテルCore i5プロセッサー」、解像度1920×1080ピクセルの10.6インチディスプレー、フルサイズのUSB 3.0ポートを搭載する。われわれが以前にレビューし、今回比較対象として取り上げた900ドルのモデル(国内販売はなし)は、オンボードストレージが64Gバイト、RAMが4Gバイト。OSは64ビット版「Windows 8.1 Pro」だ(参考:徹底レビュー:異彩タブレット「Surface Pro 2」の斜め上への進化)。

 ASUS VivoTab Note 8は、Intelの新型「インテルAtomプロセッサー」(コード名: Bay Trail)、1280×800ピクセルの8インチディスプレー、Micro-USBポートを搭載。今回の比較に使った330ドルのモデルは、2GバイトのRAMと32Gバイトのストレージを備える。OSは32ビット版Windows 8.1だが、「Microsoft Office Home and Student 2013」(国内版は「Microsoft Office Personal 2013」)が付属する。

 ASUS VivoTab Note 8とSurface Pro 2には、Windows 8.1タブレットの中で両者を際立たせる共通の特徴がある。ワコム製のデジタイザを備え、スタイラスペンの筆圧感知が可能なことだ。いずれもデジタルインク機能の利用や走り書き、メモ、描画用に筆圧感知型のスタイラスペンが付属する。

 ここで“メモ魔”の人やデジタルアーティストに聞いてみたい質問がある。それは、「900ドルのSurface Pro 2が必要か、それともASUS VivoTab Note 8で十分か」である。以下ではその答えを探っていこう。

仕上がりとデザイン

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news088.jpg

企業のネット炎上を疑似体験、ホットリンクが「働くひとのための炎上防災訓練」を販売
ホットリンクは、スタッフを起点としたネット炎上事案の防止を目指す危機管理プログラム...

news061.jpg

トレジャーデータが提供するデジタルマーケター育成の本格的なオンライン教材、その中身とは?
トレジャーデータはzero to oneと共同で開発した、デジタルマーケター育成のためのオンラ...

news046.jpg

モバイルニュースアプリの利用者数は4683万人――ICT総研調べ
モバイルニュースアプリ市場はここ数年で大きく拡大し、今後も利用者数の増加が見込まれ...