“筑駒”が「Surface Pro」を選んだ理由教育ITニュースフラッシュ

筑波大学附属駒場中・高等学校が、Microsoftのタブレット「Surface Pro」を導入。その理由とは何か? 事例や新製品を含め、主要な教育IT関連ニュースをお届けする。

2014年02月07日 08時00分 公開
[鳥越武史,TechTargetジャパン]

関連キーワード

教育IT | 教育 | タブレット | Surface | 仮想環境


 教育機関のIT導入事例、教育機関向けの新製品に関するニュースを紹介する教育ITニュースフラッシュ。今回は、3つの導入事例と3つの新製品/サービスの情報を紹介します。筑波大学附属駒場中・高等学校のタブレット導入から、大規模公開オンライン講座「MOOC」の国内サービスまで、さまざまなニュースがありました。

筑波大学附属駒場中・高等学校がSurface Pro導入

ITmedia マーケティング新着記事

news074.jpg

ニップンと刀が協業 マーケティングノウハウで成熟市場を拡大へ
ニップンと刀は「ニップン × 刀 協業発表会」を開催し、協業を通じた両社の取り組みとそ...

news197.png

広告運用自動化ツール「Shirofune」がMicrosoft広告の改善機能を実装
Shirofuneは広告運用自動化ツール「Shirofune」に改善カード機能を追加。これにより、キ...

news192.jpg

インテージ、「YouTube Select」「YouTube Shorts」における態度変容調査を提供開始
広告効果測定サービス「Brand Impact Scope」をバージョンアップし、サンプルサイズと計...