2014年02月07日 08時00分 公開
特集/連載

“筑駒”が「Surface Pro」を選んだ理由教育ITニュースフラッシュ

筑波大学附属駒場中・高等学校が、Microsoftのタブレット「Surface Pro」を導入。その理由とは何か? 事例や新製品を含め、主要な教育IT関連ニュースをお届けする。

[鳥越武史,TechTargetジャパン]

関連キーワード

教育IT | 教育 | タブレット | Surface | 仮想環境


 教育機関のIT導入事例、教育機関向けの新製品に関するニュースを紹介する教育ITニュースフラッシュ。今回は、3つの導入事例と3つの新製品/サービスの情報を紹介します。筑波大学附属駒場中・高等学校のタブレット導入から、大規模公開オンライン講座「MOOC」の国内サービスまで、さまざまなニュースがありました。

筑波大学附属駒場中・高等学校がSurface Pro導入

ITmedia マーケティング新着記事

news023.jpg

「6G」の特許出願レースは中国がリード、日本は追い付けるか?
2020年台後半には実用化が始まるといわれる6Gの技術。日本は世界で存在感を示せるでしょ...

news016.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年9月)
今週はパーソナライゼーション製品の売れ筋TOP10を紹介します。

news018.jpg

アフリカFinTech事情 初のキャッシュレス大陸への勢いが止まらない
FinTechのユニコーンが続々と生まれるアフリカ大陸。砂漠の南が燃えています。