2014年04月28日 12時00分 UPDATE
特集/連載

国内提供への期待高まる徹底レビュー:iPad版「Microsoft Office」を本気で使う PC版Officeはもう不要か

iPad版のMicrosoft Officeがついに登場した。基本的にOffice 365ユーザー向けだが、注目すべき機能が多数ある。iPad版のWord、Excel、PowerPointの機能を紹介する。

[Vince Font,TechTarget]
ik_tt_ipad01.jpg

 米Microsoftが素晴らしい競争戦略を打ち出した。「Microsoft Office」製品(「Word」「Excel」「PowerPoint」)の完全なスイートを、競合企業である米Appleの現在最も勢いのあるプラットフォーム「iPad」で利用できるようにしたのだ。これは、これまでのブランド競争の歴史の中で非常に巧妙な戦術の1つだろう。

 この展開はある程度予想されていた。Microsoftは2013年に、大幅に機能を限定したiPhone用のOfficeをリリースしている。今回リリースした「Microsoft Office for iPad」(以下、Office for iPad、国内で未提供)は抜け目のない戦略である。ほぼ確実視されていることだが、Appleがタブレット市場で覇権を握った場合でも、Microsoftは広く普及しているOfficeスイートを通じて利益を得ることが約束されているも同然だ。Office for iPadがユーザーの期待するレベルに達していれば賢い戦術といえる。

 このリリースされたばかりのOffice for iPadを評価するため、米TechTargetでは実際にiPadにインストールして試してみた。

Microsoft Word for iPad

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

最も「親日」になった国は? 電通が「ジャパンブランド調査2016」を実施
電通は、2016年4〜5月に20カ国・地域を対象に実施した「ジャパンブランド調査2016」の結...

news082.jpg

マーケティングオートメーションツール「SATORI」でWebプッシュ通知が利用可能に
SATORIはWebプッシュ通知ツール「pushcrew」の国内展開を行うアッションはSATORIとpushcr...

news071.png

「KANADE DSP」がスマートフォン向けディスプレイ広告枠へのネイティブ広告の配信を開始
京セラコミュニケーションシステムは、広告配信サービス「KANADE DSP」がスマートフォン...