2014年08月04日 08時00分 UPDATE
特集/連載

ローエンド市場へ本格進出Microsoftが「Windows 9」よりも説明したかった“99ドルタブレット”への本気度

MicrosoftはWindows中心の世界から脱却し、モバイル端末のクロスプラットフォームのサポート、セキュリティの強化、各種デバイスへのコミットという方向に軸足を移しつつある。

[Diana Hwang,TechTarget]
tt_aa_6099.jpg

 2014年7月中旬に米ワシントンD.C.で開催された米Microsoftの「Worldwide Partner Conference」(WPC)では、クロスプラットフォームのサポートとモバイル端末をめぐる同社の計画が明らかにされたが、「Windows 9」の詳細に関する発表はなかった。同社はWindowsの次期バージョンについて「開発中」と述べるにとどまり、その詳細については語らなかった。

 WPCの参加者の多くはMicrosoftの製品を収入の糧としており、同社の戦略転換およびWindows以外のプラットフォームをサポートする方針をおおむね歓迎しているようだった。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news054.jpg

アイレップ、フルファネルマーケティングを強化する分析システム「Per-SONAR Powered by Marketia」を提供
アイレップは、フルファネルマーケティングを強化する分析システム「Per-SONAR Powered b...

news008.jpg

Webサイトのスピード改善はUI/UX改善以上に効果あり――ゴルフルダイジェスト・オンライン担当者が断言
Webサイトの表示速度改善は離脱を減らしコンバージョンを増やすために取り組むべき重要課...

news008.jpg

佐藤尚之氏が語る、新規獲得が難しい時代だからこそ「ファン」を大切にすべき理由
これからのマーケティングが「ファンベース」であるべき理由とは何か。コミュニケーショ...