2014年08月04日 08時00分 UPDATE
特集/連載

ローエンド市場へ本格進出Microsoftが「Windows 9」よりも説明したかった“99ドルタブレット”への本気度

MicrosoftはWindows中心の世界から脱却し、モバイル端末のクロスプラットフォームのサポート、セキュリティの強化、各種デバイスへのコミットという方向に軸足を移しつつある。

[Diana Hwang,TechTarget]
tt_aa_6099.jpg

 2014年7月中旬に米ワシントンD.C.で開催された米Microsoftの「Worldwide Partner Conference」(WPC)では、クロスプラットフォームのサポートとモバイル端末をめぐる同社の計画が明らかにされたが、「Windows 9」の詳細に関する発表はなかった。同社はWindowsの次期バージョンについて「開発中」と述べるにとどまり、その詳細については語らなかった。

 WPCの参加者の多くはMicrosoftの製品を収入の糧としており、同社の戦略転換およびWindows以外のプラットフォームをサポートする方針をおおむね歓迎しているようだった。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news062.jpg

ランドスケイプの企業データベース「LBC」がマーべリックのDMP搭載型DSP「Sphere」と連携
ランドスケイプは、同社の企業データベース「LBC」がマーベリックのDMP搭載型DSP「Sphere...

news068.jpg

ジーニー、CRM/SFAシステム「ちきゅう」を会社分割契約により事業承継
ジーニーは、ちきゅうが提供する中小企業向けCRM/SFAシステム「ちきゅう」の開発・販売...

news066.jpg

電通、広告統合プランニング・効果検証ツール「STADIA OOHプラス」(β版)を開発
電通は、テレビ広告とインターネット広告の統合プランニングを実現する「STADIA」の機能...