2014年05月20日 08時00分 公開
特集/連載

「Windows 9」へつながるMS「ユニバーサルアプリ」の深い狙いスマートフォン、タブレットなどあらゆる「Windows」で稼働

スマートフォンやタブレット、PCなど「Windows」プラットフォームが稼働するあらゆる端末で実行可能な「ユニバーサルアプリ(ユニバーサルWindowsアプリ)」。同技術に対するITプロフェッショナルの見解はさまざまである。

[Diana Hwang,TechTarget]

 「Windows 8」が稼働するあらゆる端末で実行可能な「ユニバーサルアプリ(ユニバーサルWindowsアプリ)」は、同OS搭載デバイスの導入を検討しているITプロフェッショナルの関心を集めている。

 米Microsoftが発表したユニバーサルアプリは、「Windows Phone」やタブレット、PCに至るまで、あらゆる端末で共通のコードベースを使用する仕組みとなっている。開発者は、単一のコードベースを使い、APIの99%以上を全てのWindows 8デバイスで共有することが可能だ。アプリをデバイスの画面に合わせるための若干の調整は必要だ。

ITmedia マーケティング新着記事

news148.jpg

コロナ禍で「たすけあいの意識」が高まったと回答した人が66.9%――こくみん共済 coop調査
コロナ禍の意外な効用? 人と人との「たすけあい」の気持ちが強くなっているという調査...

news056.jpg

企業コミュニケーションの「ニューノーマル」を語ろう
マーケティングやPRの従事者は今、かつてない難問を突きつけられている。「3密」回避など...

news051.jpg

ミレニアル世代・Z世代の離職意向が低下、コロナ禍を機に精神的健康も改善――Deloitte調査
世界各国のミレニアル・Z世代約2万7500人を対象にした年次調査。今回は新型コロナウイル...