2014年08月05日 08時00分 UPDATE
特集/連載

楽しみながら知識の習得を競う営業パーソンの“本能”を刺激するモバイルゲーミフィケーションの出来の良さ

ある医療機器メーカーが営業担当者の知識向上を通じて営業成績を伸ばそうと、彼らの持ち前の競争心を利用した。

[Mark Fontecchio,TechTarget]
tt_yo_kaigai_20140805gamification.jpg

 医療機器メーカーの米American Medical Systems(以下、AMS)は、営業担当者に自社や業界に関する重要知識を身に付けさせるのに苦労していた。そこで、試みにモバイルゲーミフィケーションアプリ(訳注:ゲーミフィケーションとは、ゲーム以外の活動にゲームの仕組みを利用すること)を採用し、営業担当者の持って生まれた本能を利用することにした。

ゲーミフィケーションで「結果を出す」ために

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news085.jpg

位置情報広告のジオロジック、LINE Venturesなどから総額1億円を調達
ジオロジックは、ジェネシア・ベンチャーズ、LINE Ventures、東急エージェンシーを引受先...

news065.jpg

LINE、サイバーエージェント子会社とチャットに特化した次世代型カスタマーサポート推進で協業
LINEは、サイバーエージェントの連結子会社であるAIメッセンジャーと共同で、チャットに...

news021.jpg

「NPS」の効果を実感、導入企業の8割――IMJ調査
アイ・エム・ジェイ(IMJ)は、「日本企業におけるNPS導入の実態把握調査」の結果を発表...