2014年08月05日 08時00分 UPDATE
特集/連載

楽しみながら知識の習得を競う営業パーソンの“本能”を刺激するモバイルゲーミフィケーションの出来の良さ

ある医療機器メーカーが営業担当者の知識向上を通じて営業成績を伸ばそうと、彼らの持ち前の競争心を利用した。

[Mark Fontecchio,TechTarget]
tt_yo_kaigai_20140805gamification.jpg

 医療機器メーカーの米American Medical Systems(以下、AMS)は、営業担当者に自社や業界に関する重要知識を身に付けさせるのに苦労していた。そこで、試みにモバイルゲーミフィケーションアプリ(訳注:ゲーミフィケーションとは、ゲーム以外の活動にゲームの仕組みを利用すること)を採用し、営業担当者の持って生まれた本能を利用することにした。

ゲーミフィケーションで「結果を出す」ために

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news128.jpg

トライバルメディアハウスがPinterestと協働プロジェクトを開始
トライバルメディアハウスは、ピンタレスト・ジャパンと協働でプロジェクトを進めること...

news109.jpg

「リードが足りない」の解消へ、toBeマーケティングとWEICが「MAPlus NIKITA」を提供
toBeマーケティングとWEICは、戦略的業務提携を行い、MA運用におけるリード数不足を解決...

news143.jpg

読売新聞社がコンテンツマーケティング事業に参入、「YOMIURI BRAND STUDIO」を設立
読売新聞社は企業のコンテンツマーケティングを支援するため「YOMIURI BRAND STUDIO」を...