2014年08月27日 12時00分 UPDATE
特集/連載

AWSの2大NoSQLデータベースサービス「Amazon DynamoDB」と「Amazon SimpleDB」――あなたの会社には向いているのはどちら?

「Amazon DynamoDB」と「Amazon SimpleDB」は、アプリケーション開発の柔軟性向上とアプリケーション開発時間の短縮を実現する。これらのメリットを最大限に引き出すには、自社のニーズに合ったデータベース環境を選択する必要がある。

[Dan Sullivan,TechTarget]

関連キーワード

Amazon Web Services | NoSQL | RDBMS


tt_aa_6127.jpg

 「NoSQL」データベースは拡張性に優れ、Webアプリケーションの開発時間を短縮できる。固定スキーマを使用する「リレーショナルデータベース」(RDB)とは異なり、NoSQLデータベースの多くはスキーマを用いないので、開発の柔軟性にも優れる。米Amazon Web Services(以下、Amazon)の「Amazon SimpleDB」(以下、SimpleDB)と「Amazon DynamoDB」(以下、DynamoDB)は、人気が高いNoSQLデータベースだ。

 DynamoDBとSimpleDBは、完全管理型の非RDBであり、データの保存、クエリ、管理を行うためのシンプルなAPIを備えている。これらのデータベースは、柔軟なデータベースデザインを必要とするアプリケーションに適しているが、両者の間には幾つか相違点もあるため、使用するアプリケーションに応じて選択する必要がある。

小規模データベースの管理にはSimpleDB

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news011.jpg

広告運用で本当に必要とされる自動化とは何か?
プラットフォームの自動化技術が進み、日本の広告運用の現場にもようやく浸透し始めてい...

news020.jpg

「動画広告を運用する」とは、そもそもどういうことなのだろうか?
ブランディング目的で活用する動画広告をどう運用するか。そのそも広告を運用するとはど...

news075.jpg

インティメート・マージャー、B2B向けリードジェネレーションツール「Select DMP」の提供を開始
インティメート・マージャーは、B2B向けのリードジェネレーションを目的としたニーズ検知...