2014年09月13日 08時00分 UPDATE
特集/連載

「iPad Air」との価格差は?購入のネックは価格だけ――「Surface Pro 3」が高いと思う人に贈る3つの視点

タブレットを評価する場合、ノートPCのようなフォームファクターと米Intelのアーキテクチャを兼ね備えた米Microsoftの「Surface Pro 3」が魅力的に思えるかもしれない。だが、その価格も考慮する必要があるだろう。

[Colin Steele,TechTarget]

関連キーワード

Surface Pro | Surface | Apple | iPad | Windows RT


tt_aa_kaigai.jpg

 米Microsoftの「Surface Pro 3」は、同社がモバイルデバイス市場で地盤を拡大するためにリリースした最新デバイスである。

 Surface Pro 3は、他のタブレットに無い幾つかのユニークな機能を備えている。具体的には、キックスタンドやタイプカバーキーボード、ネイティブデスクトップアプリケーションの実行機能などだ。ただし、Microsoftはモバイルに関して出遅れている上に市場でのけん引力もない。そのため、企業のIT部門の購買担当者をはじめとする多くの購買担当者はSurface Pro 3の導入をためらっている。また、Surface Pro 3の価格が高いことも一部の担当者にとっては導入の壁になっている。

 タブレットの導入を検討していてSurface Pro 3を評価する場合には、以下の3つの質問に対する回答が良い足掛かりとなるだろう。

【読者プレゼント】iPhoneも充電できる「ダンボー」バッテリーを10名さまに

TechTargetジャパンは、「iPhone」などを充電できるモバイルバッテリー「cheero Power Plus DANBOARD version -mini-」のプレゼントキャンペーンを実施中です。TechTargetジャパン会員であれば誰でも応募できます。ぜひご応募ください。


1.Microsoftがターゲットにする顧客は誰か

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news096.jpg

電通パブリックリレーションズが「第2回 企業広報力調査」の結果を発表
電通パブリックリレーションズ内の研究組織である企業広報戦略研究所は、「第2回企業広報...

news095.jpg

MasterCard、「Pepper」向けデジタル決済アプリケーションの試験運用を開始へ
MasterCardは、人型ロボット「Pepper」向けの初の決済アプリケーションによるの試験運用...

news080.jpg

石黒 不二代氏が語るオムニチャネルの本質、“個”客中心主義とは何か
セブン&アイ・ホールディングスの一大プロジェクト「omni7」を構想から開発まで支援した...