2014年10月10日 08時00分 UPDATE
特集/連載

教育ITニュースフラッシュ慶應大の無料ネット講座を使う東京工科大、その狙いとは?

小中学生が使う「iPad」の管理用にMDM製品を導入した淡路市教育委員会の事例から、千葉大学教育学部の学生が小学生向け学習アプリを開発する取り組みまで、注目の教育IT関連ニュースをお届けします。

[鳥越武史,TechTargetジャパン]

関連キーワード

iPad | Apple | 教育IT | 教育 | eラーニング


 教育機関のIT導入事例、教育機関向けの新製品に関するニュースを紹介する教育ITニュースフラッシュ。小学校や中学校で活用するタブレットをモバイルデバイス管理(MDM)製品で管理する淡路市教育委員会の事例から、教育学部の学生に小学生向けの学習アプリケーションを開発してもらう千葉大学の取り組みまで、さまざまなニュースがありました。

東京工科大学が慶應義塾大学のMOOC講義を「反転授業」に活用

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news060.jpg

「愛される理由」はアンケートでは分からない――定量調査と定性調査、それぞれの役割
ビジネスに貢献するロイヤリティーの高いユーザーを育てるため、“愛されWeb”の構築は重...

news129.jpg

フリークアウト「Red」、スマホアプリ広告向けの配信サービスを開始
フリークアウトが提供するモバイルマーケティングプラットフォーム「Red」は、スマートフ...

news121.jpg

電子チラシ「Shufoo!」、店舗周辺の潜在顧客に特売情報を配信
凸版印刷は電子チラシ「Shufoo!」において、ユーザーの位置情報に合わせて店舗がタイムリ...