2014年11月26日 12時00分 UPDATE
特集/連載

製品ライフサイクルに関する1つの視点「ネットワーク機器は3〜5年で交換しなくてはいけない」は本当?

コスト削減の圧力が高まる一方で、製品のリプレースと保守メンテナンスはベンダーにいわれるままというケースは少なくない。ユーザーは「他に選択肢がない」と考えがちだが、本当のところ、どうだろうか。

[織茂洋介,TechTargetジャパン]

 ネットワーク機器の交換サイクルはどのように決まのか。多くの人は製品寿命が基準と考えているだろう。だが、米Gartnerが2012年に行った「企業のネットワーク機器の更新時期を知るには」という調査によれば、ネットワーク機器の交換時期は、実は製品寿命と関係ないことが多いという。例えばLANスイッチは、実際には7〜10年は使用可能だが、多くの企業では約5年でリプレースしているという。

機器の交換時期はベンダーの都合で決まる?

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news024.jpg

シェアエコノミー――「交換価値」から「使用価値」へのシフトで社会全体のエクスペリエンスを最適化する
顧客の過去・現在・未来のエクスペリエンスは「データ」を媒介にして1本の「時間」の軸で...

news021.jpg

ソーシャルビッグデータで占う東京都知事選、現在の情勢は?
「調査のチカラ」にストックされた8万件の調査データをさまざまな角度から紹介する週末企...

news135.jpg

シャノン、「イベントマーケティングアナリティクス」を提供開始
シャノンは、マーケティングオートメーションツール「SHANON MARKETING PLATFORM」に、イ...