2014年12月22日 12時00分 UPDATE
特集/連載

AWSの大規模障害を教訓に事業者任せにしない、クラウドサービスのダウンタイムを削減する方法

クラウドの回復力を算出して監視することは、クラウドのダウンタイムを回避してダウンタイムの影響を緩和するのに欠かせない。クラウドに対する不安を軽減する上で最初に取り組むべき主な2つの手順を紹介する。

[Ed Moyle,TechTarget]
tt_aa_kaigai.jpg

 「回復力」という用語になじみがない方のために説明しておこう。回復力とは、危機的な状況が発生したときにサービスを継続して提供できるシステムの能力を示す用語だ。危機的な状況には、さまざまなものが含まれる。自然災害(洪水や地震など)から、人為的な災害(停電など)や平凡な運用上の障害(インフラの問題、ハードウェア障害、設定ミスなど)に至るまで多岐にわたる。

 その原因が何であっても重要なことは1つだ。システムの回復力は、危機的な状況でシステムが運用を継続できる度合いになる。本稿では、この分野の専門家であるエド・モイル氏が、クラウドの回復力の重要性について解説する。また、クラウドの回復力を算出して監視するプロセスに着手するための手順も紹介したい。

クラウドでもダウンタイムは回避不可能

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news012.jpg

若者の夏休み離れ? 大学生の3割が「夏休みは楽しみではない」――Dpick調べ
Dpickが大学生を対象に「夏休みに関する意識調査」を実施しました。

news128.jpg

就職人気企業の採用担当者が重視するのは「クリエイティビティー」と「デジタルリテラシー」――アドビ調査
アドビ システムズ(以下、アドビ)は、日本に所在する企業の人事担当者を対象とした「新...

news064.jpg

「コードアワード2018」大賞はPerfume出演5G実証実験
D2Cは、デジタルマーケティングの広告賞「コードアワード2018」の最終審査を行い、ファイ...